SUPERAGURI F1を応援するブログ

2005年のあの日と同じ11月1日に発表とは・・・ 亜久里代表もやってくれるねぇ。

琢磨君のお気に入り

PIT IN

FC2カウンター

プロフィール

arizou

Author:arizou
F1サーカスをこよなく愛するおぢさん。
SAF1は撤退してしまいましたが亜久里代表も佐藤琢磨もレース界から去ったわけではありません。
亜久里代表の真っ直ぐな姿勢が大好き・・なおじさんです。

気軽にコメント下さい

SAF1リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

BLOGランキングに参加してます、 是非クリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

INDYCAR開幕戦セント・ピーターズバーグ

2011/03/28(月) 13:11:53

昨年同様スタートから荒れました、多くのルーキーが展開を読めず苦戦、昨年の琢磨もそうでした。

ことしはちょっと違う佐藤琢磨、スタート直後の多重クラッシュを避ける余裕すらうかがえる。


最初のスタートでは多重クラッシュは、うまく切り抜けましたね。
琢磨:タフなレースでしたね。
特にリスタート、今年から2列スタートになったんですけど、アウト側はすごい埃でした。
1コーナーで毎回順位を落としてしまったのがすごく悔しかった。
でも、その後は少しずつペースを上げて行けて、コース上で何台かオーバーテイクできて、それからピットストップもこの冬の間にチームが練習をこなして大分スピードアップして、結果的にシングルフィニッシュができました。
シーズンをこういうカタチでスタートできて本当に良かったと思っています。


リスタートは偶数順位でアウト側になってばかりでしたね。
琢磨:外側は路面がすごくダスティでした。

最終スティントはレッドタイヤで行くということも検討していたようでしたね?
琢磨:あの判断はちょっと難しかったですね。
自分がレッドを履いていた時はずっとトラフィックに引っかかってる状態でしたから、タイヤの本当のパフォーマンスっていうのがわからなかったんです。
1回目のピットストップの後はブラックで走りましたが、コンシスタントではあったけど、グリップ自体はやっぱりレッドの方が良いだろうって感じていました。
それで僕の方からはレッドって言ったんですけど、前が掃けてね、僕のペースがわりと安定したので、チーム側がブラックで行こうと決めました。
僕としてはチームのストラテジーを信じてブラックで行きました。


そうしたら最後の最後でタグリアーニが迫ってきました。
琢磨:最後の15周は厳しかった。
ピットアウトしてからの最初の頃にタイヤを酷使して、自己ベストで10周以上した後、どうもバランスがね、リヤの落ち込み具合が激しくて……
かなりコース上にとどまるのに苦労をしてました。
でも、今回は絶対にフィニッシュしたいって思ってました。


ピットストップでウィングのセッティング変更とかはなかったですね。
琢磨:レースの序盤はトラフィックの中を走らなければいけない。
そこから路面はどんどんと良くなって行く。
レッドでのロングランというのが今回は確認できていなかったんです。
今朝やれたことはやれたんですが、気温が低かったのでそんなに参考にはならなかった。
それで、レースでのウィングセッティングは、レッドとブラックの格差を縮める設定にしていました。
それでウィングの変更はせずに、タイヤの内圧調整だけを行なっていました。


シングルフィニッシュである上に、初めてのトップ5フィニッシュを飾れたことをどう思いますか?
琢磨:今日はラッキーな面もありました。
上位が結構潰れてましたから。
自分たちはもっと力を上げて行かなくちゃいけない。
シングルフィニッシュを続けて行きたいです。
チームもこれから良くなって行くと思うので、自分も頑張って行きたいですね。


開幕戦でトップ5フィニッシュ。とても良いスタートを切れました。
琢磨:自己ベスト更新を成し遂げなくちゃいけない。
そう思っていたので、シングルフィニッシュは絶対にしたかったんです。
今日はサバイバルレースになるとわかってました。
レース中にはリスタートで順位を落とすこともあって、トップ10から落ちてしまったことも何度かあったんですけど、最後までプッシュし続けた結果がキッチリとリザルトに残った。
それは去年と違っているところで、僕はチーム全体の力がアップしているところが見えたと感じています。


ほとんどのドライバーたちがマシンにwith you japanのステッカーを貼ってくれていました。
琢磨:リーグはスタート前に1分間の黙祷を捧げてくれました。
この上ないサポートをしてくれています。
みんなが協力をしてくれている。
それは本当にうれしいことです。





 
IRL記事全文トラックバック数:-コメント数:0
<< タイトルなしホーム全記事一覧現地ルポジャーナリスト豊田直巳 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SAVE JAPAN

SAF1ファンサイト


佐藤琢磨Fan's Blog

あぐりねっと

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR









セシール - おウチであったか特集





最近の記事

RSSフィード

Copyright(C) 2006 SUPERAGURI F1を応援するブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。