SUPERAGURI F1を応援するブログ

2005年のあの日と同じ11月1日に発表とは・・・ 亜久里代表もやってくれるねぇ。

琢磨君のお気に入り

PIT IN

FC2カウンター

プロフィール

arizou

Author:arizou
F1サーカスをこよなく愛するおぢさん。
SAF1は撤退してしまいましたが亜久里代表も佐藤琢磨もレース界から去ったわけではありません。
亜久里代表の真っ直ぐな姿勢が大好き・・なおじさんです。

気軽にコメント下さい

SAF1リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

BLOGランキングに参加してます、 是非クリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

ホンダは琢磨ら志願する者の受け入れを!

2008/05/09(金) 00:19:33

今何位?ポチっとねブログランキング


F1第5戦トルコGPを前に、F1界を揺るがせたSUPERAGURIF1の完全撤退発表。
今日発売の東京中日スポーツのコラム。
今回の“アグリ事件”を今宮純氏が語る。

------------------------------------------------------

もともと長く続ける気はないと、チーム設立のときから聞いてはいた。
しかし2年と6カ月、39戦でこういう終わり方はないだろう。
F1戦友の一人として、撤退を決意するに至った鈴木亜久里氏の無念の思いが少しは分かる。
しゃべっても語らず、逼迫(ひっぱく)した財政事情が昨年から続く中、氏はすべてをのみ込み、努めて明るくふるまってきた。
スペインGPで奥様と一緒にパドックを去るときも、「これが最後になるかもしれないから(見に来たんだ)」と笑顔を見せた。

F1で最後のプライベート・チームが消滅した。
これは世界的なニュースとして報じられた。
惜しむ声が各国でわき上がっている。
もうこういうレーシング・スピリットあふれる個人チームはこのスポーツに現れないだろう。
自動車企業大国ニッポンから生まれた彼らは、むしろ国内よりも世界で支持され、声援を浴びてきた。
それを受け、さらにチーム基盤を強固にするための“マネジメント・レース”にアグリ・スズキは負けた。次々に降りかかる政治的圧力、金銭問題、妨害工作としか思えぬ発言や行動、しばしば考え込む老人のような表情を見せた。
ほぼ20年前、89年にザクスピードで全戦予備予選不通過を重ねたころの姿がダブった。

こうなった以上、最後まで行動をともにしたスタッフたち、佐藤琢磨、A・デビッドソンらの今後をどうしていくかだ(恐らくそのことを優先してすでに動いていると思うが)。
ここでベスト・ソリューションを提言させてもらう。
第3期ホンダF1活動前の原点に立ち戻り、現在の「ホンダ・レーシングF1」が志願してくる者は受け入れて、膨れ上がった余剰人員は切り、東京(国内)主導で「スーパー・ホンダ」として一本化する。
これまでスポンサーを獲得できなかったマーケティング部門、その指揮を執るN・フライ氏は今回の“マグマ・グループ決裂事件”の当事者でもある。
介入責任がないとはいえまい。

昨年型RA107を独自改造して今年ここまで戦ったアグリ側エンジニアは、スペインGPでも見事にアグリSA08Aを走らせた。
1年前のR・バリチェロより0.8秒と劣らず(金曜フリー走行1回目=FP1)、トラクション・コントロール機能なしでろくにテストせずとも彼らがいかにいい仕事をしたか証明する。
チーム・プリンシパルのR・ブラウン氏なら正当に評価できるだろう。
「これでは乗れない」そうこぼし続けたバリチェロはいまも21戦連続無得点中で、レースするよりもスタート・ラインにつく記録のことしか興味がないようである(ピットでの速度違反や接触事故多発)。
J・バトンと琢磨の“04年ベスト・コンビ復活”、第3リザーブに堅実なデビッドソン、大ベテランのバリチェロには開発テストの任を命じ09年プロジェクトに専念させる。
これはもちろんブラウン氏が過去のフェラーリ時代のように直接指揮して、高額年俸に見合う最後のホンダ奉公をしてもらい、来季への基盤を他のメーカー・チームに先駆けて構築していく。
そして鈴木氏には今もフェラーリにいる彼の友人、M・シューマッハーと似たポジションに本人がいやでなければ就いてもらい、巷間言われた債務を“アンバサダー”役でひと働きしてもらう。

どうですか、天国にいらっしゃる本田宗一郎さま。
F1ファンはいま天の声を聞きたがっています、下界にいる部下に伝えてください。
(トーチュウ・スーパーバイザー:今宮純)


------------------------------------------------------

どうですか?切れ味の鋭い、気持ち良い切り口。
肉フライもばっさり!(彼に関しては当たり前の事)
さすがはF1ファンの代弁者。

2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:9
<< 第5戦トルコGPフリー1回目ホーム全記事一覧まったく、、、、またかよ >>

コメント

1ファンの観点から見ればSAF1はF1チームなわけで、モータースポーツとしては終わってしまった。
しかしビジネスの観点から見ればSAF1は会社なわけで、亜久里代表はまだやらなきゃならない大事な仕事があるんだよね。100億以上と言われる負債、どうやって返済するのやら・・・。
URL|破産管財人 #3GdeFmaY|2008/05/09(金) 20:27 [ 編集 ]

残念ですがプライベーターが消えてゆくのは今のGPの時代の流れなんですかね。メーカーワークスが湯水のように資金を使い政治力がなければ生き残っていけないスポーツになってしまったように思います。
かつてロータス、ブラバム、ティレルその他大勢のプライベーターが知恵を振り絞って戦っていた時代が懐かしく感じますがもうGPはあのような時代には戻れないのかと思うと少し寂しいですね。
もはや私的には今季のGPを見る上での楽しみはウィリアムズ・一貴の活躍のみですね。
今回のホンダには失望しました。せめて来季からでもいいからバリチェロに替えてタクマを乗せてくれるならまたホンダを応援する気になりますが。。。今のバリチェロよりはタクマの方がずっと速いはず。
私をF1の魅力に引きずり込んでくれたのはホンダ(ウィリアムズ・ホンダ)でした。このままホンダ嫌いになってしまうのは寂しすぎます。
私事な意見を長々とすいません。キバってくれよ!ホンダぁ!
URL|古いF1ファン #-|2008/05/09(金) 11:01 [ 編集 ]
今宮さん! さすがっ!!!
ホント今宮氏のこのコメント、そして我々の気持ちが、
天国の本田宗一郎氏に届き、
今のHONDAに伝わることを願うばかりです。。。

arizouさま、初めまして。
今回掲載の今宮氏のコメント、胸がスカッとしました。
有り難うございました。。。
URL|hug #J/OPKEkg|2008/05/09(金) 10:46 [ 編集 ]
やるな今宮
最高だぜwww
まったく、アグリファンってロックしてんぜ。
今宮氏も見事のせてくれたぜ!
URL|pro-stock #CjeQh1Tg|2008/05/09(金) 09:41 [ 編集 ]

本当に今宮さんの言っている事が、実現したら、HONDAのこれからは、明るいんじゃないかと思います。
 絶対に【ニックフライ】はHONDAから居なくなるべきだと思います。
 
URL|super名無しa #-|2008/05/09(金) 07:36 [ 編集 ]

大賛成!!
よし、その提案会議に回せ
URL|takotti #-|2008/05/09(金) 02:02 [ 編集 ]
基本、賛成です(^^)
みなさん、こんばんは。
今宮さん気持ちいいですね。さすがです。ただバトンについては。。。あのわがままはもう要らないです。
URL|居眠りネコ #JEWgu.KM|2008/05/09(金) 01:36 [ 編集 ]
あははは
いい!それいい!!
 
URL|arizou #n5gWyoOY|2008/05/09(金) 00:41 [ 編集 ]
大賛成!
どうせなら「スーパーA HONDA」にしませんか?
URL|グレッチmiku #-|2008/05/09(金) 00:39 [ 編集 ]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://superagurif1.blog56.fc2.com/tb.php/1175-d8698883

SAVE JAPAN

SAF1ファンサイト


佐藤琢磨Fan's Blog

あぐりねっと

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR









セシール - おウチであったか特集





最近の記事

RSSフィード

Copyright(C) 2006 SUPERAGURI F1を応援するブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。