SUPERAGURI F1を応援するブログ

2005年のあの日と同じ11月1日に発表とは・・・ 亜久里代表もやってくれるねぇ。

琢磨君のお気に入り

PIT IN

FC2カウンター

プロフィール

arizou

Author:arizou
F1サーカスをこよなく愛するおぢさん。
SAF1は撤退してしまいましたが亜久里代表も佐藤琢磨もレース界から去ったわけではありません。
亜久里代表の真っ直ぐな姿勢が大好き・・なおじさんです。

気軽にコメント下さい

SAF1リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

BLOGランキングに参加してます、 是非クリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

なんだ、またガセか・・・・

2008/12/30(火) 22:20:57

昨日C・スリム氏がHRF1チームを買収するという報道を否定した。
テルメックス・レーシングチームの公式HPで28日声明が出された、声明の中で、スリム氏は「HRF1チームを買収しておらず、買収交渉も行っていない。
したがってこれら報道はすべて根拠がなく、完全な虚偽である」と述べている。
ハエ男(ニック・フライ)とロス・ブロウン代表も今回の買収報道が誤報であると言っている。
ブロウン代表は「これが本当だったらよかったが、よくある噂話でしかない。
ただ、チームは開幕戦に向けて準備を進めているし、競争力のあるマシンもある。
開幕戦のグリッドには並べると思っている」と語っている。

一つ消えたことになります、これで最有力候補はD・リチャーズということになるのかな?


スポンサーサイト
F1ニュース記事全文トラックバック数:0コメント数:0

C・スリムがHONDA救済で決定!!

2008/12/28(日) 20:33:27

イタリアメディアからの情報、世界第二位の資産家、大富豪カルロス・スリムがHONDAF1チームを救済したと報じた。
詳細はまだ決定されていないので、正式発表ではない。
しかし、次の2点については決定している。
チームが救済されたこと、そしてドライバーはJ・バトンと、B・セナであること。

ブルーノのスポンサーは、スリム氏のテルメックス・グループ傘下のエンブラテルである事を考えると、ほぼ決まりでしょう。

発表は年明けになるそうです。


F1ニュース記事全文トラックバック数:0コメント数:0

HRF1、誰が手に入れるのか?

2008/12/28(日) 01:14:56

なかなか話が進まないようで。

世界的不況、F1チーム運営には少なくとも100億円以上が必要とされる世界、どんな金持ち、大企業でも半月やそこらじゃ判断に苦しむのは当たり前。
現在、買収に熱心な御人が3名。

まずは買収筆頭候補の元BARHONDA代表だったD・リチャーズ。
メキシコの大富豪C・スリム。
ブラジルのエムブラテルという通信会社を所有し、総資産が7兆円だというから驚き!
ポケットマネーでF1チームが所有出来ちゃうんだから凄い。
そして3人目、フェラーリの代表を務めたJ・トッドの息子N・トッド。
自身がチーム・マネジャーを務めるGP2のARTを通じ、バーレーンの王子との関係を強化し、買収資金を引き出そうと努力しているそうです。

さぁ、役者が揃った!
この中の誰が買収するのかな??
 

HONDA記事全文トラックバック数:0コメント数:0

09F1日本GP予約駐車場詳細発表

2008/12/21(日) 14:18:36

PARKINGandCAMP_09f1.jpg

鈴鹿サーキットを運営する(株)モビリティランドは2009年F1日本グランプリのチケット販売窓口、車いす観戦エリア、予約駐車場、オートキャンプ場の詳細を発表。
まずチケット販売窓口に関しては2006年までとほぼ同じで、F1専用サイト、電話、プレイガイドやコンビニで販売される。
なお発売開始は2009年3月29日(日)だが、それぞれの窓口がどのタイミングで発売となるのかについては触れられていない。
「販売方法詳細は、決定次第順次ご案内いたします」としている。

あわせて前回発表のなかった車いす観戦エリアについても発表された。
まず観戦場所は2か所でグランドスタンド下段のV1席と最終コーナーシケイン側のR席。
料金はそれぞれ62,000円と11,000円で、車いす利用の本人と付添・介護者2名までが入場できる。
V1席の車いす観戦エリアは現在グランドスタンドが工事中なので確認できないが、R席は2006年まで使用されていた常設席中段通路のシケイン寄りの部分が使われるのではないかと思われる。
なお、車いす専用駐車場が正面ゲート近くに設けられるが、当日受付はなく、チケット申込時に同時に申し込むことになる。

予約駐車場は2008年の8耐で一度試されたが、2009年のF1でも採用されることとなった。
今回発表された場所は正面駐車場内の7P(2008年春に新設された旧ゴルフ練習場跡地)と南コース。
それぞれグランプリの3日間+月曜日無料で10,000円と6,000円となっている。

往復はがき又はホームページからの申込みで、2009年4月1日から14日まで受付け、応募多数の場合は抽選となる。
なお、これ以外にも津・四日市・鈴鹿市内に予約駐車場が設置される予定となっている。
また当日受付の駐車場もホームページなどであらためて案内される。

オートキャンプ場はこれまでのキャラバンサイト、個別サイト、フリーサイトに加えグループサイトなるものが登場。
詳細は明らかにされていないが追加料金なしで車2台の駐車と8名までの利用ができる(他は車1台と4名まで)。
利用料金は10月2日から5日までの3泊5日でキャラバンサイトが70,000円、個別サイトが65,000円、フリーサイトが53,000円、グループサイトが100,000円となっている。

そして今回特設サイトの「第2オートキャンプ場」が登場。
場所は地面が芝生になっている6Pエリア。
ここの利用料金は30,000円とリーズナブルになっている。

なおこれまで「持ち込みキャンプエリア」として使用されていたゴルフ練習場が駐車場となったことで、今回当日受付のキャンプエリアは提供されないこととなった。

鈴鹿F1サイト

2009F1GP記事全文トラックバック数:1コメント数:0

来たでぇ~~ 『dimple』さんへ

2008/12/18(木) 22:30:33

20081218223304


いつか来ようと思っていたdimpleさん。
            
一年掛かりで実現!
雰囲気はとても良い!
お酒も美味しい!
F1好きなマスターの対応も良い!

調布に来たなら、是非、レストランバー『dimple』へ!!

dimpleマスターの日記

Restaurant & Bar DIMPLE



日記記事全文トラックバック数:0コメント数:2

HONDA・・・・駄目だな・・・・

2008/12/17(水) 20:29:35

131474.jpg

福井社長は本日都内で記者会見を行い、2008年を振り返り『投資の優先順位を再度見直すと同時に,激動する世の中で生き残り,持続的な成長を可能にするための将来の投資に集中する』とコメント。
F1に関しての話題にはほとんど触れず、本業事業の原点回帰と見直しが強調された会見だった。
今日の会見で注目だったのは、次期NSXに関しての話題、HONDAは次期NSXの開発中止を表明しました・・・・

F1のHONDA、モータースポーツのHONDAを福井社長は払拭しようとしてます。
創始者、本田宗一郎氏にどのように報告するのでしょう・・・・
 

HONDA記事全文トラックバック数:0コメント数:0

生意気小僧の鼻を折れ

2008/12/17(水) 11:00:44

ま~た変なドライバーが湧いてきました。
来季トロロッソ入りが濃厚な、フランス人ドライバー『セバスチャン・不笑味』19歳。
「チームメイトはバトンがいい」と言い放った大馬鹿野郎
「これまでのテストで僕は着実にラップタイムを改善しているし、来季F1にステップアップする資格は十分にみせられたと思っている。
もちろんまだトロ・ロッソからそう告げられた訳ではないけれど、もしも僕が来季このチームで走ることになるのなら、チームメイトには強いドライバーを望んでいるよ。
それはもちろんJ・バトンのことだけどね」


19歳のガキが何を言ってるんだか、チームメイトには強いドライバーを望むだぁ~、どこをどう見ればバトンが強いドライバーに見えるんだ?
優勝経験? あれは『ごっつぁん優勝』だったろう、決して抜群に速かったわけではないレースだったろう?
σ(^_^)が思うに、琢磨が相手では強敵すぎて一緒には働けない、その点バトンならパーティー好きでサーキット以外でパワーを使うから勝てるチャンスは多い。
そういうこと?

第一、バトンはトロロッソには行かないから
何故ならHONDAを撤退に追いやった共犯だからね、ハエと今後も組んで行くんだってさ!

琢磨にコテンパンにやられちゃいなさい。


F1ニュース記事全文トラックバック数:0コメント数:4

SUZUKI、SUBARUも撤退、、、、、

2008/12/17(水) 01:10:46

今季からWRC参戦していたSUZUKIがわずか1年で休止すると発表。
世界的な事業の見直しの一環としての決断だが、期間は「当面の間」とあることから再開時期は未定。
ジュニア世界ラリー選手権(JWRC)と各地域ラリーのサポートは続けるというが、この影響はラリーだけにとどまるのか?
MotoGPを頂点とする2輪レースにも影響が出る、当然予算縮小の余波が襲い、ヨシムラに委託している全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスは、2台体制から来季は酒井大作の1台になる。

そしてWRCの雄SUBARU、富士重工業は16日午後6時、東京都中央区のベルサール八重洲で記者会見を行い、今年08年いっぱいで世界ラリー選手権(WRC)のワークス活動を終了する、と発表した。

確かに自分(自社)は可愛い、守ろうと動くのは分かる。
でも、BMWは?マクラーレンは?フェラーリ&FIATは?世界的に同じはずだよね?
こういうところに日本のモータースポーツの幼さが出るんですね、σ(^_^)的に言わせてもらえば、モータースポーツに関わっている日本の企業って、とっても『無責任!』
ファンに対する裏切り行為と言わざるを得ない。
撤退した自動車会社の車&バイクなんて買いたいと思います??

またTOYOTAの独り勝ちでしょうね。
あ~~~~情けない・・・・・

ひとりごと記事全文トラックバック数:0コメント数:0

お~っと、良い話しだぞ

2008/12/15(月) 23:54:16

097.jpg

PSAプジョーシトロエンが、HONDAF1チーム買収に興味を示しているとの報道がなされている。

シトロエンは、WRCでドライバーとコンストラクターズの両チャンピオンであり、プジョーはル・マンに関わっている。
プジョーは、過去にプロストチームなどにF1エンジンを提供していた。
報じられるところによれば、PSAプジョーシトロエンは、HONDAF1チームに向けて調査をすでに行っているという。

PSAプジョーシトロエンは、他の海外企業を金融危機の影響を受けておらず、またF1の運営コストの大幅削減の動きに興味を持ったとみられている。

フランス政府は、プジョー・シトロエンに人員削減と工場閉鎖の制限の見返りとして、自動車部門に財政援助することを約束している。
また、PSAプジョーシトロエンのチーム買収には、J・バトンのチームメイトとして、2009年のトロロッソのシートが危ぶまれているS・ブルデーにシートを与えることが条件とみられている。

事実ならば大歓迎!ブルデーの行き先さえ決まれば・・・・・

 
F1ニュース記事全文トラックバック数:1コメント数:1

琢磨、スポンサー必要と認める

2008/12/12(金) 20:52:01

116613.jpg

116643.jpg

ヘレス合同テストで2位でテストを終えた琢磨が、トロロッソのシート獲得にはスポンサーが必要と認めた。
シートの一つはS・ブエミで決まりだろうが、もう一つの空いたシートをブルデーと琢磨が争っている。
そのことについて琢磨は「トロロッソのようなプライベート・チーム(非自動車メーカー系チーム)は、自動車メーカー系のチームに比べると、スポンサーの支援が重要になってきます。
F1のスポンサーとなると、どうしても大企業が相手になってしまうので、スポンサー獲得までに時間がかかってしまいますが、何とかうまくいくように努力しています」
と語っている。

文面をよ~~く読んでくださいね、暗に琢磨はどこかの大企業と交渉している、と取れませんか??
3度目のテストにかなりの自信を見せた佐藤琢磨、σ(^_^)の予想したXデーは過ぎましたが、シャンパンを開ける日は・・・・・近い!!
 

佐藤琢磨記事全文トラックバック数:2コメント数:6

現地時間14:31

2008/12/11(木) 23:25:31

1. S. Buemi Toro Rosso STR3 1:17.258 64 pit
2. T. Sato Toro Rosso STR3 1:17.520 +0.262 64 pit
3. H. Kovalainen McLaren MP4-23 1:18.049 +0.791 44 pit
4. K. Räikkönen Ferrari F2008 1:18.826 +1.568 34 pit
5. F. Massa Ferrari F2008 1:19.061 +1.803 39 pit
6. F. Alonso Renault R28 1:19.319 +2.061 85 pit
7. N. Rosberg Williams FW30 1:19.388 +2.130 91 pit
8. P. de la Rosa McLaren MP4-23K 1:19.499 +2.241 35 pit
9. R. Kubica BMW Sauber F1.08B 1:19.599 +2.341 77 pit
10. C. Klien BMW Sauber F1.08B 1:19.738 +2.480 55 pit


佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:0

んん~~!

2008/12/11(木) 21:43:46

勝てないなぁ~。

タイム争いだけが目的ぢゃないからね。

1. S. Buemi Toro Rosso STR3 1:17.258 60 pit
2. T. Sato Toro Rosso STR3 1:17.520 +0.262 64 pit
3. H. Kovalainen McLaren MP4-23 1:18.049 +0.791 37 pit
4. K. Räikkönen Ferrari F2008 1:18.826 +1.568 29 pit
5. F. Massa Ferrari F2008 1:19.061 +1.803 39 pit
6. F. Alonso Renault R28 1:19.362 +2.104 51 pit
7. N. Rosberg Williams FW30 1:19.388 +2.130 49 pit
8. P. de la Rosa McLaren MP4-23K 1:19.499 +2.241 35 pit
9. R. Kubica BMW Sauber F1.08B 1:19.559 +2.301 49 pit
10. C. Klien BMW Sauber F1.08B 1:20.714 +3.456 41 pit

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:1

いっけ~~!琢磨!!

2008/12/11(木) 20:15:10

ブエミ、手強いなぁ

1. S. Buemi Toro Rosso STR3 1:17.465 32 pit
2. T. Sato Toro Rosso STR3 1:17.520 +0.055 36 pit
3. K. Räikkönen Ferrari F2008 1:19.050 +1.585 15 pit
4. F. Massa Ferrari F2008 1:19.419 +1.954 21 pit
5. H. Kovalainen McLaren MP4-23 1:19.491 +2.026 21 pit
6. P. de la Rosa McLaren MP4-23K 1:19.600 +2.135 19 pit
7. N. Rosberg Williams FW30 1:19.643 +2.178 34 pit
8. F. Alonso Renault R28 1:20.270 +2.805 34 pit
9. R. Kubica BMW Sauber F1.08B 1:20.455 +2.990 20 pit
10. C. Klien BMW Sauber F1.08B 1:22.118 +4.653 22 pit


佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:0

本当に言ったのかな??

2008/12/11(木) 10:55:18

116599.jpg

ドイツ紙Auto Motor und Sportに語ったという記事なんですが、う~ん・・・
どうなんでしょ?TCMでの琢磨は1000人のファンの前で実力でシートを勝ち取る!と宣言しましたからねぇ。

記事の内容としては
2009年トロ・ロッソでレース・シートを確保するためには、スポンサーシップ・ポートフォリオのサイズが大きな役割を果たすと述べ、セバスチャン・ブルデーの意見に同意している。
スイスの若手ドライバー、セバスチャン・ブエミがほぼ2009年のシートを確保していると見られているが、彼のチームメイトは未定である。
今年のドライバー、セバスチャン・ブルデーと日本人のベテラン、佐藤が今週再びトロ・ロッソをテストしている。
このふたりのうち、スポンサーは多いのは佐藤だと見られている。
ドイツ誌 "Auto Motor und Sport" に「自分の資金があります」と語った。
「マネージャーがスポンサーを見つけるために熱心に頑張っています」とも。
日本も世界的経済危機とは無縁ではないが、レッドブルも佐藤を起用することで、日本でのエネルギー飲料の販売促進を狙うと見られている。
グランプリ出走93回の佐藤は、シート確保にはほど遠いと主張している。
佐藤は「F1に必要な資金の総額についての話なら、大企業でなければ無理でしょう。
そういう企業は必ずしもすぐに決断を下すわけではありません」と説明。
「時間切れにならないことを祈るのみです」
彼は、トロ・ロッソに印象的な経済力を見せれば、自身に有利になると認めている。
「トロ・ロッソのようなプライベートチームは、現在のような状況ではマニュファクチャラーよりもプレッシャーを受けています。
だからどんなスポンサーも歓迎するでしょう」

良質なスポンサーを引き連れることもF1ドライバーの腕、琢磨の実力には微塵の疑いや心配などしてません、琢磨がシート獲得には資金が必要というならそうなのでしょう。


佐藤琢磨記事全文トラックバック数:1コメント数:0

1:18.601 2番手タイム

2008/12/11(木) 09:58:16

思いのほかブエミは速いっすね、3日間通して同じマシンで距離を稼いでいるからなのでしょう。
まだまだ、今日は琢磨が来るよ!
セットアップには定評のある琢磨、きっちり仕上げて良い仕事するでしょう。

1. S. Buemi Toro Rosso STR3 1:18.073 128
2. T. Sato Toro Rosso STR3 1:18.601 +0.528 37
3. S. Bourdais Toro Rosso STR3 1:18.673 +0.600 81
4. P. de la Rosa McLaren MP4-23 1:19.032 +0.959 78
5. K. Räikkönen Ferrari F2008 1:19.334 +1.261 89
6. H. Kovalainen McLaren MP4-23K 1:19.631 +1.558 64
7. F. Alonso Renault R28 1:19.907 +1.834 105
8. N. Rosberg Williams FW30 1:20.309 +2.236 122
9. N. Heidfeld BMW Sauber F1.08B 1:20.365 +2.292 87
10. F. Massa Ferrari F2008 1:20.490 +2.417 27
11. R. Kubica BMW Sauber F1.08B 1:20.954 +2.881 38


佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:0

始まりました

2008/12/10(水) 22:19:49

diapo_131.jpg

佐藤琢磨のトロロッソでの3回目のテストが開始されました。
メカニックの評判がすこぶる良い琢磨、今回も良い走り&メカニックとの絶大なる信頼を勝ち取って欲しいです。
現在4周し、PIT入り。

1. S. Buemi Toro Rosso STR3 1:18.073 49 pit
2. T. Sato Toro Rosso STR3 1:19.105 +1.032 4 pit
3. S. Bourdais Toro Rosso STR3 1:19.237 +1.164 52 pit
4. P. de la Rosa McLaren MP4-23 1:19.465 +1.392 17 pit
5. H. Kovalainen McLaren MP4-23K 1:19.631 +1.558 24 pit
6. K. Räikkönen Ferrari F2008 1:20.220 +2.147 25 pit
7. N. Rosberg Williams FW30 1:20.831 +2.758 41 pit
8. N. Heidfeld BMW Sauber F1.08B 1:20.885 +2.812 29 pit
9. R. Kubica BMW Sauber F1.08B 1:20.954 +2.881 24 pit
10. F. Alonso Renault R28 1:22.831 +4.758 12 pit

佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:0

テストだね

2008/12/10(水) 14:05:07

9日からスペインのヘレス・サーキットでF1の合同テストが始まりましたね。
テストは昨日から3日間の予定。

参加チームは、トロ・ロッソ、マクラーレン、フェラーリ、BMWザウバー、ウィリアムズ、ルノーの6チーム。
先日撤退を発表したHONDAの姿は当然無い。
TOYOTAとレッドブル、フォースインディアも参加していない模様。

いつ降り出してもいい湿気含みの中で始まり、最高気温15℃、路面温度16℃という厳しいコンディション。
午後3時ごろからは激しい雨が降り出してウェット走行となった。

前回11月のバルセロナに続いて、トロ・ロッソが圧倒的な速さを見せているが、このテストには佐藤琢磨が参加することになっている。
琢磨の受け持ちは本日午後、明日は終日の予定、前回のブルデーの逆パターン。
後半担当だとラバーも最高に乗った状態で最速タイムが期待できそうですね。
HONDAの撤退を受け、他のドライバー(噂では馬豚&ケロ)にもステアリングが託されるかもしれないという嫌~~~な情報もある。


佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:0

琢磨、撤退にショックを受ける

2008/12/06(土) 15:30:20

元SUPER AGURI F1 TEAMの佐藤琢磨は、共に戦い初表彰台を獲得したHONDAがF1撤退を決めたこと受け、コメントした。

『HONDAがF1から撤退するという報せを聞いて、とても残念に思うと同時に強いショックを受けています。
自分がモータースポーツ界に足を踏み入れることができたのは、HONDAと鈴鹿サーキットで運営されているSRS-Fというレーシングスクールのおかげですし、そもそも自分がF1に興味を抱いたのは、1987年に鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GPでロータス・ホンダに乗るアイルトン・セナを見たのがきっかけでした。
以来、自分のなかでHONDAのモータースポーツに対するスピリットは絶対的なものとして生き続け、自分のF1におけるキャリアは常にHONDAとともにあり続けてきました。
昨今のひときわ厳しい経済状況を考えれば、今回HONDAがF1からの撤退を決定したのはやむを得ないことだったのかもしれません。
それでも自分にとってとても悲しいニュースであることには変わりありません。
これまでF1開発に携わってきた栃木研究所の皆さん、そしてサーキットでともに戦ってきたHONDAのスタッフに心からお礼を申し上げるとともに、今後の皆さんのご活躍をお祈り申し上げます。』


琢磨らしい、スタッフ&関係者への労いの言葉、辛い仕打ちをしたHONDAへも感謝を表すなど、人間的にも素晴らしいですね。

いつか栃研のスタッフが、またF1フィールドに戻る事を祈ってます。



佐藤琢磨記事全文トラックバック数:1コメント数:0

ロス・ブロウンとニック・フライがチーム存続を確約??

2008/12/05(金) 20:33:36

20081205-3-honda.jpg

HONDAF1チームのCEOであるハエ男(ニック・フライ)とチーム代表のロス・ブロウンはチームを救済する売却先を見るけることに十分な確約を得ていることをHONDAF1チームの役員が明らかにした。
本田技研工業は本日F1からエンジン供給を含め、完全に撤退することを発表した。
イギリスを拠点とするHONDAF1チームは、現在チーム存続に向けて救済案を検討している。

会見の場でHONDA福井社長は「後のHonda Racing F1 Team、英国でエンジンの供給を行ってきたHonda Racing Development Ltd.については、チーム売却の可能性も含め従業員と協議にはいります」と述べた。

ロス・ブロウンは、既にチームスタッフに対して売却候補を語ったとみられており、情報筋によると、2009年のためにフェラーリのカスタマーエンジンの供給を確保しているとされている。

HONDAのマーケティング・ディレクターを務めるデビッド・バトラーは、チームスポンサーやパートナーに向け、新しい所有者を見つける動きがあることを手紙で伝えている。
「私たちは現在、将来を評価しています。
CEOのハエ男(ニック・フライ)、チーム代表のロス・ブロウンが率いるチームの経営陣は、チームの将来を確保することを強く確約しています。
私たちは、ここブラックリーの世界クラスの施設と人材に加え、新しい技術リーダーのもとで2009年を過ごすため、高い期待を与えれれる新しいオーナーを探しています。
私たちの進歩をお知らせしておきます」

買収候補のひとつとしては、ドバイ・インターナショナル・キャピタル(DIC)が挙げられている。 ドバイ・インターナショナル・キャピタルは、スーパーアグリ買収から寸前にドタキャンした企業。
ドバイ・インターナショナル・キャピタルは、投資資金として120億ドル(約1兆1,094億円)を用意しているとされている。

まったく・・・・SAF1へすんなり投資すれば、安い買い物で、尚且つHONDAF1チームのリソースも問題なく手に入れられたのにねぇ。

ハエ男(ニック・フライ)は間違いなく今回のHONDAの決定を読んでたし、そうなるように仕組んだな。
まぁ、その動きを規制出来なかったHONDA青山、気付くのが遅かったHONDA青山。

その責任は重い・・・・・


 
HONDA記事全文トラックバック数:0コメント数:1

HONDA、F1撤退!!

2008/12/05(金) 14:35:11

82339.jpg

福井社長より、HONDAは2008年限りでF1活動撤退するとの発表。
先のサブプライム問題が発端とした金融危機、経済の急速な後退、ビジネス環境の悪化が原因とのこと。

2009年の鈴鹿でのF1開催が気になるところですが、きちんと開催すると発言。
また、契約済みのJ・バトンの移籍先ですが、HONDAが責任を持って対処する方針とのこと。
HONDAとしては今月中のチーム売却もしくは解散を目指し動くそうです。
エンジンサプライアーとしてF1界に残る道もあるが、HONDAとしては中途半端なことはしたくない、完全撤退する。
下位カテゴリーでの若手育成は継続、2輪レースも継続し、インディーカーレースも継続する。

σ(^_^)的には驚きもしませんでした。
昨日役員会を招集し決めたそうですが・・・ 昨日の今日!??
HONDA役員にとってはそんなにF1って軽いものだった事が『ショック』でした。
SAF1を潰したツケが回ってきたんでしょう、HONDAが撤退しSAF1を残すべきだったのでは?
売却先が見つかると良いですがね。

HONDA記事全文トラックバック数:0コメント数:6

嬉しいニュースです!!

2008/12/04(木) 19:36:17

diapo_144.jpg

12月11日12日にヘレスにて行われる、Toro Rosso F1 Testに琢磨君、3度目の参加が決りました。

このような発表と同時に、日本からToro Rosso HP&Red Bull HPへの
アクセスが増えたり、日本国内でRed Bullの売り上げが上昇することで
来期シートの契約に向けて、琢磨選手を後押しする事が出来ると思います。

小さな力かも知れません。
意味の無い努力かも知れません。

しかし、株価のように、些細な発表でも
それと同時にRed Bullが日本国内で売上が上昇して、HPアクセス数が上がれば
「琢磨効果」と判断される可能性があると思います。

今すぐ、皆様のポケットの中にある275円で「ENERGY DRINK Red Bull」を
お買い求め戴き、Red Bull HP Toro Rosso HPへアクセスしましょう。

大人買いも大歓迎!!
冷蔵庫不要のこの時期です。
思い切って大人買い!なーんてのも大歓迎!!!

Rad Bull HP:http://www.redbull.jp

Toro Rosso HP:http://www.tororosso.com

みんなで琢磨を後押ししましょう!!

コンビニで購入の場合
店員さんに「Red Bull がいっぱい欲しいんです。」なーんて
アピールしたりして購入すると、メーカーへ追加オーダーが殺到したりして
コッソリ冷蔵ケースから取り出して購入するより絶対効果的です。


佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:0

またケロ君がぁ~・・・・

2008/12/04(木) 00:38:26

スペインのヘレスでの合同テスト参加を予定しているHONDAだが、バリチェロがこのテスト参加を要望しているようだ。
う~~ん、どうなんでしょう?
どの面さげて参加したいって言うんでしょう。

HONDAとしては要望に対して明確な回答をしていないそうですが、当たり前です、来季乗らないドライバーをチームが使う訳ありません。
良いドライバーだったのにな・・・・
益々ケロ君が嫌いになりそう・・・・


HONDA記事全文トラックバック数:0コメント数:2

ベルガーがフォース・インディア入り?

2008/12/02(火) 22:58:06

マジッすか??
トロ・ロッソの株式50%をレッドブルに売却したゲルハルト・ベルガーが、近いうちに別のF1チームに加入する可能性がうわさされている。

ドイツのメディアが報じたところによれば、オーストリア出身で49歳のベルガーと、同国人であるトロ・ロッソ代表のフランツ・トストがフォース・インディアと接触しているようなのだ。
インドのビジネスマンであるビジェイ・マルヤが率いるフォース・インディアは最近、マクラーレン・メルセデスと広範囲に及ぶパートナーシップを締結。
同時に、チーム代表のコリン・コレスと技術部門トップのマイク・ガスコインが離脱している。

ドイツ・ミュンヘンの『NZ』紙によれば、現役時代にフェラーリやマクラーレンで活躍したベルガーはこの数週間、F1最高責任者であるバーニー・エクレストンと何度も会っているとのこと。
すでにトロ・ロッソは完全にレッドブルの傘下に収まった形となっているが、ベルガーはチーフエンジニアのジョルジオ・アスカネッリを引き連れてフォース・インディアをはじめとする他チームに移籍する可能性があるようだ。
アスカネッリは、ベルガーの現役時代に長年担当エンジニアを務めていた盟友である。

さらにベルガーには、興味深いうわさも浮上している。なんと、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)のマネジャーに就任するのではないかというもの。
ベルガーとベッテルは2008年にチーム共同オーナーとドライバーという関係だったが、ベッテルがレッドブルに移籍した今でも両者の関係は良好だという。

マネジャーなしでF1という荒波の中で前進してきたベッテルは以前、マネジャーを必要としていないと語っていた。
しかしTZ紙に対して、「もし、適切な人物が共に働いてくれるんだったら、ノーということはできないよ」ともコメントしている。


SAF1ニュース記事全文トラックバック数:1コメント数:0
ホーム全記事一覧

SAVE JAPAN

SAF1ファンサイト


佐藤琢磨Fan's Blog

あぐりねっと

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PR









セシール - おウチであったか特集





最近の記事

RSSフィード

Copyright(C) 2006 SUPERAGURI F1を応援するブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。