SUPERAGURI F1を応援するブログ

2005年のあの日と同じ11月1日に発表とは・・・ 亜久里代表もやってくれるねぇ。

琢磨君のお気に入り

PIT IN

FC2カウンター

プロフィール

arizou

Author:arizou
F1サーカスをこよなく愛するおぢさん。
SAF1は撤退してしまいましたが亜久里代表も佐藤琢磨もレース界から去ったわけではありません。
亜久里代表の真っ直ぐな姿勢が大好き・・なおじさんです。

気軽にコメント下さい

SAF1リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

BLOGランキングに参加してます、 是非クリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

第15戦シンガポールGP決勝結果

2008/09/28(日) 23:25:49

080928-1pg.jpg

いやぁ~、面白いレースでした。
一見荒れたレースに見えるでしょうが、中身が違う!身のある荒さでした。
戦略、運、ドライバーのミス、全てが絡まり観るものを魅了した、濃いレースでした。

1  アロンソ     ルノー
2 ロズベルグ    ウィリアムズ
3 ハミルトン    マクラーレン
4 グロック      TOYOTA
5 ベッテル     トロロッソ
6 ハイドフェルド  BMW
7 クルサード    レッドブル
8 中嶋一貴    ウィリアムズ
9 バトン      HONDA
10 コバライネン   マクラーレン   
11 クビサ       BMW
12 ブルデー    トロロッソ
13 マッサ      フェラーリ
14 フィジケラ   フォースインディア
15 ライコネン    フェラーリ
以下リタイア
トゥルーリ  TOYOTA
スーティル  フォースインディア
ウェバー   レッドブル
バリチェロ  HONDA
ピケjr         ルノー 


スポンサーサイト
2008F1GP記事全文トラックバック数:0コメント数:0

第15戦シンガポールGP公式予選

2008/09/27(土) 23:24:03

Q1結果

080927-2pg.jpg


Q2結果

080927-3pg.jpg

祝!!一貴、Q3進出!
ルノーのアロンソが電気系のトラブルでQ2落ち。
アロンソが最後まで走っていれば、ハミルトンのQ2落ちが見られたのに!

Q3結果

080927-4pg.jpg


タイムの更新合戦が激しかったQ3、マッサがポール。
ハミルトンがセカンドロー獲得、ライコネンが3位。
一貴も頑張り10位。

見応えのある予選でした。


 
2008F1GP記事全文トラックバック数:0コメント数:0

第15戦シンガポールGPフリー3回目

2008/09/27(土) 21:44:24

080927-1.jpg


フェラーリ、ライコネン。
フォースインディア、フィジケラ、両名がクラッシュ。
市街地ということで、路面がバンピーでブレーキが効かない状態。
オーバースピードでのコーナー飛び込みはかなり危険、予選がどう展開するのか楽しみです。


 
2008F1GP記事全文トラックバック数:0コメント数:0

第15戦シンガポールGPフリー2回目

2008/09/27(土) 00:28:38

080926-5.jpg

080926-6.jpg

080926-4.jpg

所々照明が暗めのところがあるが、大丈夫か?

シンガポールもF1初開催ということで、全て初ものづくしだが、マーシャルの動きがちょっと気に掛かる。
遅くないか?動き。
マシン除去もそうだが、消火器を使う作業もなんかのんびり。

決勝はスタート直後からSCが出てきそうな予感・・・・

そうそう、アロンソが最後にトップタイム、存在感を示しましたね。


 
  

 
2008F1GP記事全文トラックバック数:0コメント数:0

第15戦シンガポールGPフリー1回目

2008/09/26(金) 21:49:05

080926-1.jpg

080926-3.jpg

080926-2.jpg

F1初のナイトレースの始まり!
フリー1回目が終わりました、感想は・・・・ 綺麗!美しい!! 闇に浮かぶ各マシンが美しいこと。

シンガポールGP、今後F1観戦の目玉になるのでは?っと思えるほど魅力的です。
いいもん見たな(@゜▽゜@)ノ
 

2008F1GP記事全文トラックバック数:0コメント数:0

第15戦シンガポールGP予習

2008/09/23(火) 18:24:41

シンガポールGP

BrochureMap(18Sep)-Final.jpg

シンガポールの首都シンガポールに近い、マリーナ湾岸地域に特設される。
コースとして使用される公道の75%はシンガポール政府が所有管理するものである。

シンガポール最大の通信企業、シンガポール・テレコミュニケーションズをタイトル・スポンサーシップとして大会の正式名称は"2008 F1 WORLD CHAMPIONSHIP SINGTEL SINGAPORE GP"(シングテル・シンガポール・グランプリ)に決定。
コース全長は5.067km、コーナーは24(うち左コーナー14、右コーナー10)。
2008年のシンガポールGPでは61周(309.087km)で行われる予定。
安全性に不安を抱えているものの、F1においては過去例のないナイトレースで開催される。
最もスピードの出る最高速地点(第6コーナー付近)では、300km以上の速度が出せる見込みである。
また、モナコGP同様公道を使用するためコース幅が狭く、最も狭い区間では橋を渡る区間で約8m程しかない。

コース長:5.067km 周回数:61周
レースディスタンス:309.087km


[タイムスケジュール] 時差-1時間
9月26日(金)練習走行日
19:00~20:30(日本時間 20:00~21:30) フリー走行1
21:30~23:00(日本時間 22:30~24:00) フリー走行2

9月27日(土)予選日
19:00~20:00(日本時間 20:00~21:00) フリー走行3
22:00~23:00(日本時間 23:00~24:00) 公式予選

9月28日(日)決勝日
20:00~   (日本時間 21:00~)    決勝レース(61周)


[テレビ放送予定]
●地上波 フジテレビ
9月27日(土)25:35~26:25 公式予選
9月28日(日)22:00~23:50 決勝
※一部地域を除く

●スカパー(ライブ) フジテレビ721
9月27日(土)19:50~21:10 土曜フリー走行
9月27日(土)22:50~25:00 公式予選
9月28日(日)20:50~24:00 決勝

●スカパー(再放送) フジテレビ721
9月28日(日)16:40~18:00 土曜フリー走行
9月28日(日)18:40~20:50 公式予選
9月28日(日)26:50~30:00 決勝
10月4日(土)13:00~14:40 公式予選
10月4日(土)14:40~17:20 決勝
10月9日(木)20:20~22:00 決勝
10月9日(木)22:00~24:40 決勝


2008F1GP記事全文トラックバック数:0コメント数:0

鈴鹿市がアンケート調査

2008/09/21(日) 21:11:17

鈴鹿市が2009年F1日本GPに向け過去に観戦された方に向けアンケートを実施してます。

詳細は下記。
http://www.city.suzuka.lg.jp/topics/files/719.html

より多くのサンプルを集める必要があります。
皆さんの声が届きます!

どうぞ、ご協力お願い致します。

※今年の日本グランプリ終了後にもアンケートを実施する予定です。


SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

琢磨「僕を必要としてくれるかどうかです」

2008/09/19(金) 22:40:24

080919-1.jpg

トロ・ロッソのチーム代表を務めるフランツ・トストは、2009年に同チームのレースドライバーとして走る契約書にセバスチャン・ブエミがサインをすることになるだろうとスイス紙に断言した。

スイス人若手のブエミは、ヘレステスト2日目が行われた17日(水)にSTR3をドライブ。翌18日(木)には佐藤琢磨がステアリングを握っていた。
2人は今シーズン限りでチームを離れ、レッドブルに移籍することが決まっているセバスチャン・ベッテルの後任としてレースシートを狙っているのだ。

チームを所有するレッドブルがブエミを推していることも理解していると述べるトストはスイス紙『Le Matin(ル・マタン)』に対し、ヘレスで見せたブエミのパフォーマンスに満足していることを明かしている。

「今週われわれが見た印象や、彼の隣には経験豊富なドライバーを据えるという観点から考えれば、セバスチャン(ボーデ)を2009年にレースドライバーとして起用するリスクを冒すことはできると思う」とコメントしたトスト。
さらに「この言葉を公式な宣言ととらえてもらっても構わんよ」とまで発言しているのだ。
オーストリア出身のトストはさらにブエミについて語る。
「彼は本当に、本当に才能あふれる人物だ。
それに、われわれはレッドブルファミリーに属しているわけだから、レッドブルの育成プログラムを助ける必要がある」

それでも、ブエミとはまだ正式な契約を済ませていないと明かすトスト。
だが「われわれは急いでいないからだ」と話しており、正式契約を締結するのは時間の問題と思われる。

一方、F1通算100戦までもう少しというところにいる佐藤琢磨にも、2009年のレースシート獲得の可能性は残されている。
しかし現在チームに在籍しているセバスチャン・ボーデの将来に左右されることになりそうだ。
琢磨はスイス紙『Blick(ブリック)』に対し、「僕のほうはもう準備ができているので、あとは彼ら(トロ・ロッソ)が僕を必要としてくれるかどうかです」とコメントしている。


 
佐藤琢磨記事全文トラックバック数:1コメント数:3

ヘレス・テスト2日目

2008/09/19(金) 21:40:43

昨日はレッドブル・ファミリーの一員であるセバスチャン・ブエミがテストを行ったが、今日はブエミよりもF1で有名なドライバーがSTR3のコックピットを試した。
それは、佐藤琢磨だ。

今年のスペインGPが最後のF1レースとなった佐藤は、セッション序盤はクルマの感触を確かめながらのセットアップ作業に取り組んだ。
佐藤は午前中のセッションで空力テストも終えているが、結果はポジティブなものだった。
明らかにこれまでのF1での経験が光った彼の仕事ぶりにチームは満足している。
しかし、午後のセッションで雨が降り出したために、テストはそこで打ち切りになった。
ウェット・コンディションで評価するものがなかったのと、クルマに慣れていないドライバーでリスクを冒したくなかったからだ。

「午前中のセッション開始直後は空力データを収集していた。
その後、セッションの終わりまでタイム計測走行を行ったので、クルマの感触を実際に確かめることができた。
楽しく走ることができたよ」
と、テストを終えた琢磨はコメントした。
「残念ながら午後は雨が降り始めたので走行をストップした。
午後は本格的に走る予定だったので楽しみにしていたが、本当に残念だった。
天気のコンディションが悪くて最後まで走ることはできなかったが、STR3を運転するのは本当に楽しかった。
今回の素晴らしい機会を与えてくれたレッドブルとチームに心からありがとうと言いたい」

佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:0

タイム速報第2弾

2008/09/18(木) 20:36:40

1. S. Vettel Red Bull Racing RB4 1:18.001 27
2. N. Heidfeld BMW Sauber F1.081:18.167 +0.166 24
3. L. Di Grassi Renault R28 1:18.999 +0.998 24
4. P. de la Rosa McLaren MP4-23 1:19.281 +1.280 38
5. A. Wurz Honda RA108 1:19.499 +1.498 56
6. T. Sato Toro Rosso STR3 1:19.574 +1.573 48
7. K. Kobayashi Toyota TF108 1:19.863 +1.862 44
8. K. Nakajima Williams FW30 1:21.892 +3.891 40

悪くないよ(@゜▽゜@)ノ
 
佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:3

琢磨発進!!

2008/09/18(木) 19:44:20

080918-1.jpg

080918-2.jpg

080918-4.jpg

080918-3.jpg

さぁ!琢磨が翼を手に入れました、濃紺のスーツが良く似合う。
目力が鋭いです、ヘルメットのバイザーを良く見てください、『翼を下さい』の文字が・・・・

第一報が先ほど入りました、公式ではありませんがタイムが出た模様。
ヘレスサーキットで1"18秒台を叩き出したようです。
昨日のブエミのタイムが1分20秒209 88周
C・クリエンのタイム、1分19秒537 84周

ですが、琢磨が1分18秒台を出した模様です。
 
 
佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:0

いよいよ今日!

2008/09/18(木) 01:08:48

080917-1.jpg

080917-3.jpg

080917-5.jpg

いよいよ今日18日、琢磨がステアリングを握る。

良い結果を残せるよう祈る!

見守ることしか出来ない自分がもどかしい・・・・


 
佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:2

HONDAにはがっかり

2008/09/16(火) 17:51:34


HONDA上層部はイタリアGPでのトロロッソと若き有能なドライバー、S・ベッテルの活躍をどのように見ていたのだろうか?
そしてどう感じたのだろうか。

コンストラクターポイントでシニアチームのレッドブルを抜き、HONDAを8位に追いやり、アゲアゲムード満々のトロロッソ、次戦シンガポールGPでも優勝は無理だとしても、最近のチームの活躍、躍進を見る限り絶好調で我々を楽しませてくれるでしょう。

HONDAのコンストラクター8位ですが、資料をみるとポイント獲得しているチームでは最下位。
HONDAさん、ワークスなんですから・・・・orz
青山のお偉いさん!栃木研究所のみんなも不眠で頑張ってるんですから、何とかしなさい!!

HONDA記事全文トラックバック数:0コメント数:0

第14戦イタリアGP決勝結果

2008/09/14(日) 22:56:07

WS000040.jpg

ウェット天候のためセーフティーカーでスタートする難しいコンディションとなったが、トロロッソのS・ベッテルはセーフティーカーが退いた後もトップを守りきり、新人らしからぬ安定性でレースを進めた。
途中で雨が止んだり強くなったりの目まぐるしく状況が変わる中、ベッテルは確実にピットストップを決めて、万全のレース展開となった。
レース終盤には迫り来るH・コヴァライネンを突き放す最速ラップタイムを刻み、待望のトップチェッカーを受けた。
ベッテルにとってF1初優勝であり、最年少優勝、トロ・ロッソとしてもチーム初優勝となった。
相変わらずのハミルトン、レース中の接触の仕方があまりにも汚く、嫌いになりました。

4位争いも見応えありました、アロンソの追い上げ、ライコネンのファステストラップへの執念、雨のF1でも楽しめて観戦できる事がわかりました。
FSWの関係者に是非観てもらいたいレースでしたし、GPに『お笑い芸人』を呼ぶことが場違いなんだという事を理解してもらいたいですね。

1位 S.ベッテル
2位 H.コバライネン
3位 R.クビサ
4位 F.アロンソ
5位 N.ハイドフェルド
6位 F.マッサ
7位 L.ハミルトン
8位 M.ウェバー
9位 K.ライコネン
10位 N.ピケJr
11位 T.グロック
12位 中嶋一貴
13位 J.トゥルーリ
14位 D.クルサード
15位 N.ロズベルグ
16位 J.バトン
17位 R.バリチェロ
18位 A.スーティル
19位 S.ブルデー


2008F1GP記事全文トラックバック数:0コメント数:1

第14戦イタリアGPフリー走行2回目結果

2008/09/12(金) 23:02:46

WS000037.jpg

01 ライコネン(フェラーリ)
02 クビサ(BMWザウバー)
03 ハイドフェルド(BMWザウバー)
04 ハミルトン(マクラーレン)
05 ロズベルグ(ウィリアムズ)
06 マッサ(フェラーリ)
07 コバライネン(マクラーレン)
08 ウェバー(レッドブル)
09 スーティル(フォース・インディア)
10 ベッテル(トロ・ロッソ)
11 クルサード(レッドブル)
12 ブルデー(トロ・ロッソ)
13 フィジケラ(フォース・インディア)
14 バリチェロ(ホンダ)
15 バトン(ホンダ)
16 中嶋一貴(ウィリアムズ)
17 グロック(トヨタ)
18 アロンソ(ルノー)
19 トゥルーリ(トヨタ)
20 ピケ・ジュニア(ルノー)


2008F1GP記事全文トラックバック数:0コメント数:0

琢磨ヤバイか?ハイドフェルド急浮上

2008/09/11(木) 00:39:25

トロロッソの来季レギュラーシート争いが激しくなってきました。
ブルデーvs琢磨に第3の男としてニック・ハイドフェルドがシート争奪戦に加わる様相を呈してきた。

ベテラン・ドライバー用にあけられている1枠をめぐり、三つどもえの展開となってきた。
親チーム”のレッドブルに来季移籍が決まったベッテルの後任は、GP2に参戦しているB・セナかS・ブエミの若手2人のどちらかを抜てきするプランが濃厚。
問題はベテラン用に残された1枠。
今季中盤からベッテルとの力量に顕著な差がみられはじめたことで、ブルデーの来季残留が微妙。

すでにG・ベルガー共同オーナーはブルデーの放出も視野に、ヘレスで行われる18日のF1合同テストに佐藤琢磨を招聘、オーディションの実施を決定済み。
このニュースで尻に火がついたブルデーは、前戦ベルギーGPで奮闘。
予選から自身最高となる9番グリッドを獲得、決勝でも7位フィニッシュ。
F1デビューを飾った今季開幕戦以来となるポイントを獲得した。
とはいえ今回の好走も来季続投を射止める決定打には至っていないはず。
トロロッソ首脳陣は「イタリアGPまでのパフォーマンスをみて、来年のことを決めたい」と表明済み。
明らかに琢磨のテスト走行とてんびんにかけている。
しかもブルデーをさらに窮地に追い込んでいるのが、BMWのハイドフェルドの存在。

ハイドフェルドは昨季ランク5位となる61ポイントを獲得。
BMWをコンストラクター争いの2位に押し上げる立役者。
しかし今季は予選でのタイム・アップに苦しみ、同僚クビサの後じんを拝するシーンが目立つようになった。
BMWのM・タイセン氏は来季残留を後押ししているとされるが、BMW本社には能力に見切りを付けた首脳もいるらしい。
今季限りで解雇される可能性は捨てきれず、その場合はハイドフェルドに払う違約金を少しでも削減するため、代わりのシートを探す必要に迫られているのだ。
そこでBMWの目に留まったのが、ベテラン用に1枠あけているトロロッソ。
タイセン氏とベルガー共同オーナーはベルギーGP開催中の今月5日午後、BMWのモーターホームで約45分間の会談を行っている。
この席で来季ラインアップに関する話題が持ち上がったことは間違いない。

ハイドフェルドは今回のベルギーGPでも2位に食い込み、今季4回目の表彰台を獲得したことで、来季残留の線が色濃くなり始めている。
だがタイセン氏はすでに8月中に予定されていた来季ラインアップの発表を延期し、結論は9月末まで先送りされる見通しとなっている。
もしハイドフェルドがトロロッソのシート争いに加わってくるとなれば、ブルデーはもちろんのこと琢磨にとっても脅威。
18日のテスト走行では、琢磨は持てる力を出し切った100%以上のパフォーマンスが求められることになる。


佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:0

第14戦イタリアGP予習

2008/09/10(水) 19:16:43

イタリアGP

モンツァサーキット:イタリア北部の都市モンツァにある、イタリアGPが行われるサーキット。フェラーリの聖地とも言われ、お膝元である。
尚、Autodromoを「アウトドローモ」とする日本語表記が一般に流布しているが、イタリア語のアクセントを考慮すると「アウトードロモ」と表記するのが正しい。

1980年にイモラで開催された以外はF1が始まった1950年から現在まで毎年イタリアGPが開催されているサーキットである。
現在F1が開催されているサーキットの中で平均速度が最も速い超高速サーキット。

4本のロングストレートを3つのシケインと2箇所の複合コーナーで結んだレイアウトとなっている。
かつてはバンクのついたオーバルも使用していたが、1961年の第7戦イタリアGPでの、ウォルフガング・フォン・トリップスの事故により、危険だと判断され現在は使用していない。
また最終コーナーのパラボリカの背景には以前、スポンサーが巨大な看板を数多く掲げられていた。

2005年のF1では、キミ・ライコネン操るマクラーレン・MP4-20が、最高速度370kmを記録した。
これはF1のレースでの歴代最速である。
また、タイムアタックでは当時彼と同僚だったファン・パブロ・モントーヤが372km/hを記録している。


コース長:5.793km 周回数:53周
レースディスタンス:306.720km


[タイムスケジュール] 時差-7時間
9月12日(金)練習走行日
10:00~11:30(日本時間 17:00~18:30) フリー走行1
14:00~15:30(日本時間 21:00~22:30) フリー走行2

9月13日(土)予選日
11:00~12:00(日本時間 18:00~19:00) フリー走行3
14:00~15:00(日本時間 21:00~22:00) 公式予選

9月14日(日)決勝日
14:00~   (日本時間 21:00~)    決勝レース(53周)


[テレビ放送予定]
●地上波 フジテレビ
9月13日(土)25:35~26:25 公式予選
9月14日(日)23:15~24:55 決勝
※一部地域を除く

●スカパー(ライブ) フジテレビ721
9月13日(土)17:50~19:10 土曜フリー走行
9月13日(土)20:50~23:00 公式予選
9月14日(日)20:50~23:50 決勝

●スカパー(再放送) フジテレビ721
9月13日(土)27:00~28:20 土曜フリー走行
9月14日(日)18:40~20:50 公式予選
9月14日(日)27:00~29:50 決勝
9月20日(土)13:00~14:40 公式予選
9月20日(土)14:40~17:00 決勝
9月24日(水)27:00~28:40 公式予選
9月25日(木)27:00~29:20 決勝
10月8日(水)21:00~23:20 決勝


2008F1GP記事全文トラックバック数:0コメント数:0

第13戦ベルギーGP決勝結果

2008/09/07(日) 22:53:24

決勝

ラスト2周、スパウェザーに翻弄された結末。
勝利の女神は赤を選ばず銀を選んだ・・・・

悲運のライコネン、またしても勝利がすり抜けた週末、審議対象となったライコネンとハミルトン。
観ている限り『ダーティー』だったのはハミルトンの方だったが、どう決着するのか見ものです。

下位チームで気を吐いていたのはSTRの2台、ダブル入賞でした。
HONDAのケロは21周でリタイア、バトン15位フィニッシュ。


2008F1GP記事全文トラックバック数:0コメント数:2

ベルガー、佐藤琢磨を語る

2008/09/07(日) 17:20:39

080907-1.jpg

金曜日午後、スパ-フランコルシャンにて、レッドブル/トロロッソのモーターホームで日本人メディアのみの[ゲルハルト・ベルガー記者会見]がありました。

イタリアGP明けの9月18日(木)、ヘレス合同テストで佐藤琢磨がトロロッソをドライブする、その経緯について説明するという主旨であります。
以下にQ&Aのダイジェスト(訳:SK)を。
-----------------------------------

……なぜ佐藤琢磨をテスト?
ゲルハルト・ベルガー「(来年レッドブルに移籍する)ベッテルの後釜を探してるのは知ってると思うが、候補者リストの中にサトーも入っていて、彼の経験に期待してる。
今回のテストはサトーを理解するチャンス」

……佐藤琢磨については?
GB「全然知らない。
話したこともない。
スーパーアグリでいい走りをした記憶はある。
今回の話はフランツ・トスト(=トロロッソ・チームプリンシパル)が佐藤側とまとめた」

……佐藤琢磨を選んだのはホンダ・エンジンに期待して?
GB「当たり前だ! サトーは無料のホンダ・エンジンを持って来る(一同大爆笑)。冗談、冗談。フェラーリエンジンとの契約は来年まである」

……ヘレス・テストで佐藤琢磨に求めるものは?
GB「速さ、フィードバック、それらの総合能力」

と、いうようなことで、あくまでも来年のために……のニュアンスでしたが、御大ニシヤマ大胆予想(あくまでも推測)によれば、デイビッド・クルサードがイタリアでステアリングを置き、急遽ベッテルがレッドブルに。
空いたトロロッソのシートに佐藤琢磨が座ってシンガポール以降を戦う……というもの。
残念ながら“もう一人のセバスチャン”には得点能力がなく、トロロッソはそこを佐藤琢磨に期待してるのではないかなァ。
日本グランプリに佐藤琢磨が出るとなると、これは大きな“目玉”になりますな。
御大、ヘレスに行きたくなりましたゼ。
-----------------------------------

どうです?ますます日本GPでの琢磨の雄姿が見れるようなやり取りですね。
チケット、高騰必至か!?

 
佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:1

シンガポールGPタイムテーブル決定

2008/09/07(日) 12:37:05

シンガポールGP

シンガポールのフリー走行、予選、決勝のタイムテーブルが毎日午後7時以降開始であることが明らかになった。
金曜の1回目のフリー走行は午後7時から8時半まで、2回目は午後9時半から11時まで行なわれる。
土曜日は3回目のフリー走行が午後7時から8時まで実施され、その後2時間の休憩を挟んで予選が午後10時に始まる。
決勝日は、午後6時半にドライバー・パレード、レースは午後8時にスタートする。
レース上限が2時間なので、レースは午後10時までに終了する。

金曜日
フリー走行1 19:00-20:30
フリー走行2 21:30-23:00

土曜日
フリー走行3 19:00-20:00
予選 22:00-23:00

日曜日
決勝 20:00


2008F1GP記事全文トラックバック数:0コメント数:0

第13戦ベルギーGPフリー走行3回目

2008/09/06(土) 19:41:38

GP週間だということ、忘れてました、、、、、
琢磨君が居ないと駄目だね、燃えないわ。

一応3回目観ていたので書きます。

フリー走行は午前中から雲に覆われ、午後には雨が降り出し、一時誰も走行をしない状態が続いた。
終盤にライコネンがホワイトラインにのってスピンしタイヤバリアに激突、ライコネンがコースに戻るときにタイヤバリアの水がコース上へ流れた。
その水に足をすくわれたフィジケラがスピンし、赤旗が掲示されている。

土曜のセッション開始時も前日同様の空模様。
雲に覆われ、全長7kmもあるコースの所々では雨が降っており、ウエットトラック宣言が出されている。
天候は小雨、路面温度は16度、気温16度。

スタンダードウエットタイヤを履いてインストレーションラップに向かうドライバーがほとんどだった。
その中でバトンがピットレーンからコースに出てすぐにマシンをコース脇に止め、マシンを降りてしまう。

セッション開始10分過ぎにハイドフェルドとブルデーがスタンダードウエットタイヤを履いてタイムを出すと、他のドライバーが続々とコースに向かった。
ベッテルはドライタイヤのソフト側のタイヤを履いて走行するも、この時点で最後尾タイムだった。
水しぶきが上がるところもあり、このタイミングではスタンダードウエットタイヤのほうがドライタイヤより速いようだ。
この時点でのトップは、グロックでタイムは1分58秒312。

セッション開始30分、タイムを出したのは12台で、フェラーリの2台はセッション開始から一度もコースに現れていない。
また、中嶋一貴もまだタイムを出していない。
トップがハイドフェルド、2番手にクルサード、3番手にグロックと変わった。

最初にソフトタイヤを履いていたベッテルがスタンダードウエットに履き替え、全セクターで最速タイムをたたき出し、2番手に1.8秒以上の差をつけトップに躍り出る。路面状況がセッション開始時より乾きはじめているようだ。

セッション開始35分、グロックがドライのハード側を履き、1分55秒353で2番手に浮上。
また、中嶋も同様にドライのハード側を履いてコースに出て行った。
グロックが自身のタイムを縮め1分52秒台に入れてきた。
中嶋は、全セクターを自己ベストタイムを出しトップに立つ。

残り20分、ライコネンがやっとコースに向かい、まずは6番手タイムを出した。チームメートのマッサはまだピットにとどまっている。

路面が乾き始めているのかトップタイムや自己ベストタイムを出すドライバーが多く、順位の変動が激しい。

残り15分を切っても、インストレーションを行っただけのマクラーレン2台と、一度もコースに出ていないマッサはガレージにとどまっている。

いち早く50秒台を切って49秒台に入れてきたのは、クビサだった。
やっと、ハミルトンがソフト側のタイヤを履いてコースに出て行く。

残り10分、ピケJr.がトップに立つと2番手にチームメートのアロンソが入りルノーが1-2。
アロンソは前日のフリー走行2回目でトップタイムをマークしている。

ハミルトンがピケJr.のタイムを大きく上回ってトップに立つと、それを見たマッサがソフト側のタイヤを履いてコースに向かった。
マッサの最初のタイムは8番手タイム。

セッション終了直前にハイドフェルドがトップに立った。
自己ベストを更新するドライバーいる中でハイドフェルドのタイムを上回るドライバーはいなかった。

結局、このセッションでトップに立ったのはハイドフェルド。
タイムは1分47秒876だった。

2位から5位は以下の通り。
2位コバライネン1分48秒165
3位アロンソ1分48秒307
4位ハミルトン1分48秒356
5位マッサ1分48秒692

昨年の覇者でスパ4連覇を狙うライコネンは7位だった。

トップ5位以外は、トゥルーリが11位、グロックが15位、中嶋一貴が16位、バリチェロが19位。

バトンは序盤にマシンを降りたため、タイムを出していない。


あぁ~、ここまで来るとHONDAは責任問題でしょう。
当然CEOが責任取るんでしょうねぇ~、HONDAさん。
 

 
2008F1GP記事全文トラックバック数:0コメント数:0

アンソニーはインディーカー??

2008/09/06(土) 19:15:08

今何位?ポチっとねブログランキング

アンソニーはインディチームのパンサー・レーシングから招待を受けデトロイトのベル島で開催されたレースに行く予定だった。
その2週間前チームのテストをする予定だったが、自身の怪我のためテストは実現しなかった。
パンサー・レーシングはマシンを2台に増やすための資金調達を検討中であると報じられている、さらにホンダのつながりがインディカーへの移籍を助けるかもしれない。
とても優秀なアンソニー・デビッドソン、F1界に残る活動もしていると情報もあります。
琢磨&アンソニーのコンビは実現しないかなぁ?

未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

琢磨の反撃が始まる

2008/09/06(土) 17:23:19

今何位?ポチっとねブログランキング

hangeki.jpg

佐藤琢磨、日本が生んだ類まれなる優秀なF1ドライバーでヨーロッパでも高い評価を得て、人気も日本国内の比ではありません。
なのに日本国内での知名度はどうでしょう?企業の彼に対する扱いはどうでしょう?
日本のHONDAが所有するHRF1の首脳然り、HONDAという企業のトップである福井社長が揃って『データーを見る限り某ドライバーより速いとは思わない』発言。
しかし、他チームの首脳&トップドライバーが揃って『タクのレーシングスピリットは素晴らしい』と評価し、琢磨君との交渉の席についている事実。

さらに嘆かわしいのは、例えば琢磨君が来季トロロッソへ移籍した場合、HONDAがトロロッソへエンジン供給するかもしれないというニュース。
確かにトロロッソ+HONDA+佐藤琢磨のパッケージは魅力です、是非観たいと思います   っが!
HONDAは寄生虫か?
自分で琢磨君を切り捨てたのに利用し足りないのか?
この噂が事実ならば、福井社長は説明責任を果たさなければならない。

琢磨君の本当の『反撃』が始まる!
 
佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:0

SAF1マシン、日本人が落札!

2008/09/04(木) 23:21:00

taku-4.jpg

SAF1資産の最終処分オークションの結果、2006年デビューシーズンのマシンSA06が1,640万円で落札されたそうです。

嬉しいことにそのSA06は日本人が手に入れたもよう。
「スーパーアグリの本部はオックスフォードシャー州にあったが、チームの心のふるさとである日本の買い手に渡ったことは特に素晴らしい」
まさにその通り。

琢磨君のシートもあのチーム、琢磨君以外のベテランは見当たらないでしょ?
ほぼ決定だろうな。
 
SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:2

琢磨、トロロッソに乗る!!

2008/09/02(火) 19:38:34

今何位?ポチっとねブログランキング

最近テンション下がりっぱなしで皆さんには申し訳ないと思ってます。
本日、とても嬉しい期待出来るニュースが流れました。
琢磨君が、S・ブミエと共に、トロ・ロッソのテストに参加することが決定したということです。
トロ・ロッソの公式ホームページにて発表されています。

琢磨君はイタリアGP後のヘレステストに参加する予定。
9月17日にブミエ、同18日に琢磨君がステアリングを握る。

琢磨君のコメントです
『今シーズンはスペインGPを最後にF1から離れていたが、またF1に戻るチャンスをもらえて嬉しいです。
特に、今シーズンここまで素晴らしい進化を遂げているこのチームでテストが出来ることを、楽しみにしています』

琢磨について、レッドブルチーム代表のフランツ・トスト
『琢磨はF1に相応しいドライバーだ。
レッドブルのスピリットにもピッタリだ。
そして彼の豊富な経験は、必ずチームのプラスになるだろう』
と、琢磨のこれまでの経験に期待を寄せていることを語っている。

トロロッソHPはこちら


佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:3
ホーム全記事一覧

SAVE JAPAN

SAF1ファンサイト


佐藤琢磨Fan's Blog

あぐりねっと

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

PR









セシール - おウチであったか特集





最近の記事

RSSフィード

Copyright(C) 2006 SUPERAGURI F1を応援するブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。