SUPERAGURI F1を応援するブログ

2005年のあの日と同じ11月1日に発表とは・・・ 亜久里代表もやってくれるねぇ。

琢磨君のお気に入り

PIT IN

FC2カウンター

プロフィール

arizou

Author:arizou
F1サーカスをこよなく愛するおぢさん。
SAF1は撤退してしまいましたが亜久里代表も佐藤琢磨もレース界から去ったわけではありません。
亜久里代表の真っ直ぐな姿勢が大好き・・なおじさんです。

気軽にコメント下さい

SAF1リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

BLOGランキングに参加してます、 是非クリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

秋田社長が確約!

2008/02/29(金) 17:44:45

jirei_rs23-02.jpg

エーカンパニーの秋田社長があと2週間と迫った開幕メルボルンに2台のマシンを並べると確約しました。
前回バルセロナテストを直前にキャンセルをしたのはパーツが間に合わなかったアクシデントの為だということです。

また、スポンサーに関しては現在3候補と交渉中とのこと。
株式売却はない事も無い、投資家の条件にもよる、100%売却は有り得ないし、あったとしても代表の鈴木亜久里を外すことはない。
なぜなら、亜久里氏がいなければHONDAエンジンも同時に無くなるわけだから。
早くはっきりとした体制発表が見たいですね。
 
スポンサーサイト
SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:3

いよいよメジャーか『FSW被害者の会』

2008/02/29(金) 16:51:43

今何位?ポチっとねブログランキング

本日の朝日新聞朝刊の社会面に大きく掲載された記事。
いよいよ動き出した!
以下紙面抜粋
------------------------------------------------------------
トヨタ自動車子会社の富士スピードウェイ(FSW、静岡県)で昨年9月に開かれたF1日本グランプリ(GP)を巡り、運営上のトラブルで苦痛を受けたなどとして、観戦に訪れた観客の一部、約70人が28日、FSWを相手取り、チケット代の全額返還と1人あたり数万円の慰謝料を求める集団訴訟を起こす方針を固めた。
4月にも東京地裁に提訴する。
著名なスポーツイベントの運営上のトラブルが訴訟に発展するのは極めて異例だ。
神奈川県在住の40代の男性会社員が発起人となって設立した「FSW被害者の会」が訴訟準備を進めてきた。
同会に訴訟に参加する意思を伝えた観客と弁護士との協議が同日整い、提訴に踏み切る方針を固めた。
提訴までに、ネットを通じて原告を広く募る構えだ。
昨年のF1日本GPは9月28~30日、30年ぶりに会場をFSWに移して開催され、3日間で約28万人が観戦した。
だが、実際には仮設スタンドの一部でレース中の車が見えなかったり、会場までの交通手段をシャトルバスだけに制限したにもかかわらず、周辺が大渋滞して計画通りに運行できず、数万人の観客が長時間、待たされたりするトラブルが相次いだ。
FSWは運営上の不手際を認め、レースが見えなかった指定席(6万1000円)の観客約7100人に自由席との差額5万円を返還。
行きの渋滞で決勝に間に合わなかったと認定した観客85人を対象に入場料などの返金を進めたが、その他のトラブルを受けた観客については返金はしていない。
これに対し、原告側は「FSWが責任をもって運行すべきシャトルバスが計画通りに走らず、F1観戦で苦痛を受けた」などとして、チケット代の返還に加え、慰謝料も請求する。
FSWは今月20日、今年10月の開催に向けて、バスの運行方法の変更などの改善策を発表したが、払い戻しの対象が拡大しなかったことから、原告の数が膨らんだ。
今後も同会事務局のメールアドレス(fsw.gphigaisya@gmail.com)を通じて、原告を募ることにしている。
「被害者の会」を設立した男性は「払い戻しされた人以外にも大きな苦痛を受けた観客は多く、払い戻しの認定基準は不公平。
訴訟を通じて、被害の実態を広く明らかにしたい」と話している。


------------------------------------------------------------
改善策発表後に原告数が増えているのを見れば、いかにTOYOTA、FSWが観戦客を無視した運営、事後処理をしたかがわかる。
我々F1ファンはバカじゃない、モータースポーツに関しては目が肥えてる。
今後ちゃんと対応しないと泣きを見るのは運営側だ。

2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:2

間もなくスポンサー決まるか!?

2008/02/28(木) 23:19:47

今何位?ポチっとねブログランキング

なかなか良い情報が無い中、黙って指を咥えて待っているわけには行かず、無謀だとわかっていながらスポンサー探しを展開してます。
数社の問い合わせ窓口にメッセ、あるいは社長に直接メッセ等しているところです。
以前F1チームのスポンサーだった企業などはちゃんと誠意ある回答があり(断りですが)ちょっと感動したりして(笑)
返事の無い企業も当然ありますが、ある会社の社長ですが、驚きの返答がありました。
昨年02/18(日)の記事にもしました(SUPERAGURIのスポンサーのヒント)この会社の社長宛てに直接メッセしました、かなりの有名人ですが、ちゃんと答えてくれました。
それも、今現在全力でスポンサー探しをしている事、以前噂になった話は進行中だが、成功には至って無い事等、きちんと回答。
1個人に誠意ある回答してくれたこの社長に感謝します、そして密かにSAF1、鈴木亜久里の為に動いていてくれた事に感謝。
自分的にはこの会社のスポンサーを望んでいますが、どうなるかはわかりません。
でも、もうすぐ解決(良い方向で)するそうなので待ちましょう。



2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/


SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

最先端サーキットがSAF1に救いの手

2008/02/28(木) 09:42:56

今何位?ポチっとねブログランキング

automoto365が伝えるところによると、ポルトガルの最新、最先端のサーキット(アルガルヴェ国際サーキット)が重要なシーズン前テストをキャンセルし続けているSAF1と現在も交渉中にあるという。
サーキット側はF1を誘致したいらしく、グリッド最小ながら絶大な人気のSAF1に目をつけた。
「我々の施設であるトラックとテックパークを利用して、スーパーアグリにぴったりのソリューションを見つけ、テスト日程を最大限活用するためにチームと協力している。
目的は、テックパーク施設とトラックの関係を最大限活用して、テストチームによる開発が最高の結果をもたらすようにすることだ。
今言えるのはそれだけだ」
とサーキットCEOパウロ・ピネェーロは語った。



2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/


SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:2

SUPERAGURIF1結局テスト走れず・・・

2008/02/25(月) 21:24:33

今何位?ポチっとねブログランキング

SAF1のピットのシャッターは一度も開かれず、ということはHONDA本社での三者会談は物別れになったということ。
ニューマシンのお披露目は今年もオーストラリア。
ぶっつけ本番の開幕となる。

亜久里代表曰く『一年間を戦う資金はある!しかし、マシン開発に充てる資金が足りない』
小口のスポンサーでも良い!出てきてくれ!!

2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:2

SUPERAGURIF1状況は厳しい

2008/02/23(土) 19:15:45

今何位?ポチっとねブログランキング

21日の体制発表を欠席した亜久里代表、日本国内、しかも青山に居ながら欠席しなければならなかった亜久里代表。
状況は楽天的ではない、チームの将来を確保するためにHONDAの上層部と投資家候補と交渉したが合意には至らず、本日2回目の話し合いが行われた模様。
今日の交渉次第では来週のバルセロナテストを諦めざるを得ない。
来週のバルセロナテストを諦めるということは、時間的に見てもテスト無しでメルボルンに向かうこととなる。

先の当ブログにて皆様にお願いいたしましたHONDAへの質問メール、返事が返ってきました。
メールを送って頂いた皆様にも同じ文面の返信があったと思います。

--------------------------------------------------------
早速ではございますが、お問合せの件につきましてお答え致します。

発表会では、チーム代表の鈴木氏からのコメントをご紹介致しましたが、
現在、参戦に向けての準備を精力的にすすめていると聞いております。
又、鈴木氏はF-1参戦の準備のため、やむなく、昨日は不参加となりました。

Hondaは、SAF1を自立したチームと認識しております。

SAF1が独自にチーム運営を行っていくことが、Hondaがサポート
する前提となります。
今後も、レギュレーションの範囲内で、サポートしていきたいという考えは
変っておりません。

今後とも、Hondaへのご声援をよろしくお願い致します。


--------------------------------------------------------

この文面で安心した方もいらっしゃると思いますが、文面にHONDAの葛藤が見え隠れしていますね。
>Hondaは、SAF1を自立したチームと認識しております。
>SAF1が独自にチーム運営を行っていくことが、Hondaがサポート
する前提となります。
>今後も、レギュレーションの範囲内で、サポートしていきたいという考えは
変っておりません。

この3点が重要
■08年レギュレーション&コンコルド協定対策として、SAF1はHONDAのサテライトチームでは無いという事を前面に押し出した。
■財政難を脱すればHONDAはサポートしますよという事。
■あくまでもレギュレーション、ルールの範囲内でのお手伝いをするよ。


カスタマーシャシー問題が解決してないので、F・インディア等に突っ込み入れられ、最悪ポイント剥奪、そうさせない為のHONDA苦肉の策。
そう思えてなりません・・・・

買収、チーム名変更だけは避けて欲しいです。

2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:4

ファンの夢を壊すな!HONDA

2008/02/21(木) 23:41:33

今何位?ポチっとねブログランキング

TOYOTAみたいなことするなよ!HONDA!
驚きの2008年HONDAレーシング体制発表でしたが、もうPCをお持ちの方々はHONDAレーシング公式HPへ赴いたことでしょう。
ちょっと前まではSAF1TEAMへのリンクバナーがありましたが、本日見たところ無くなっているではありませんか。
SAF1TEAMに関しては後日発表します、とプレスリリースが発せられましたが、どう見ても、どう考えてもおかしい。
今季SAF1TEAMへのサポートを打ち切るという雰囲気がありあり!
そんなこと許しません!

そこでこのブログに立ち寄った方々にお願いがあります。
初の国産F1TEAMを消滅させない為にも、日本人の夢を実現させる為にも皆さんのお力をお貸しくださいm(_ _)m

HONDAへの抗議、お願い、どんな形でも結構です、お客様相談室へメールを送りましょう。
方法はこちらから
http://www.honda.co.jp/customer/inquiry/index.html

「その他のお問い合わせ(個人情報、モータースポーツ等)」から
内容は
①何故、2008年体制発表会資料及び記事にSAF1の名前が無いのか
②何故、Honda Racing 公式HPからSAF1のリンクが消えたのか
③2008年HONDAはSAF1へのサポートを打ち切るのか
この3点です。


どうか、ご協力お願いいたしますm(_ _)m

2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

HONDA記事全文トラックバック数:0コメント数:7

緊急事態!どういうことだ?HONDA

2008/02/21(木) 21:34:38

今何位?ポチっとねブログランキング

「2008年Hondaモータースポーツ活動」
2008年2月21日(木)

Hondaは、2008年の「モータースポーツ参戦体制」と、「世界トップレベルのレースで表彰台を競う人材の育成」「モータースポーツの普及」のための活動について、以下の通り発表しました。

モータースポーツ活動は、Hondaの「チャレンジング・スピリット」の原点であり、常に自らの夢や志を高く掲げ、チャレンジを続けることで、お客様と夢と感動を共有していきたいと考えています。

2008年Hondaのモータースポーツ活動の概要
1.モータースポーツ参戦体制
2輪レース活動では、ロードレース世界選手権最高峰のMotoGPクラスにおけるライダー、コンストラクター、チームタイトルの三冠奪還、さらにロードレースの他のカテゴリーやモトクロス、トライアルレースにおいても、各シリーズのチャンピオン獲得を目指します。

4輪レース活動では、F1世界選手権において、「Honda Racing F1 Team」は、チーム体制を新たにして、チャンピオンシップに挑みます。

2003年より参戦し、2006年より唯一のエンジンサプライヤーとなったIRL インディカー・シリーズでは、今年も100%エタノール燃料のHonda V8エンジン「HI8R」を全チームに供給します。また、昨年から参戦した、アメリカン・ルマン・シリーズには引き続きACURA LM V-8エンジンで参戦します。

SUPER GTでは、「Honda NSX-GTプロジェクト」のもと、5チーム5台体制で、2年連続のチームとドライバーズのダブルタイトル獲得を目指します。

2.世界トップレベルのレースで表彰台を競う人材の育成
世界の頂点レースで表彰台を競うライダー、ドライバーの育成を目的に、長期的な視野で継続した活動を推進していきます。

2輪では、鈴鹿サーキットレーシングスクールや日本人ライダー育成奨学制度である「Honda Racingスカラーシップ」を巣立った清成龍一選手、高橋裕紀選手、青山周平選手が、それぞれ世界選手権クラスのレースに参戦します。

4輪では、「鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS-K、SRS-F)」「フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)」、「全日本F3選手権」「フォーミュラ・ニッポン」を通して展開されるドライバー育成プログラム「Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト」により、世界で活躍できる若手選手の輩出に積極的に取り組みます。

今年は、「フォーミュラ・ドリーム」の2003年チャンピオンであり、昨年、インディ プロシリーズに参戦し、シリーズ2位を獲得した武藤英紀選手が、IRL インディカー・シリーズにアンドレッティ・グリーン・レーシングより参戦します。

3.モータースポーツの普及
(株)モビリティランドは、今後もレースの開催や「見て、遊んで、体感する」場と機会の創出に積極的に取り組み、日本のモータースポーツ文化のさらなる発展に寄与していきます。ツインリンクもてぎでは、「INDY JAPAN 300 mile」が4月17日(木)~19日(土)に、「FIM ロードレース世界選手権 日本グランプリ」が9月26日(金)~28日(日)に開催されます。また、鈴鹿サーキットのレーシングコースについては、ピットやパドックの全面改修に着手します。

Hondaファンへの感謝イベントとして、5月10日(土)・11日(日)に鈴鹿サーキットで「Enjoy Honda SUZUKA」を、11月24日(祝・月)にツインリンクもてぎで「Enjoy Honda 」を開催します。

また、「ホンダ・エキサイティングカップ・ワンメイクレース~シビック・シリーズ~」を始め、参加して楽しんでいただく各種イベント、Honda車オーナーに向けた「ドライビング・ミーティング」などを各地域で開催する予定です。

2輪参戦計画概要
【ロードレース】
FIMロードレース世界選手権シリーズ
<MotoGPクラス>
ロードレース世界選手権シリーズ(WGP)のMotoGPクラスでは、タイトル三冠の奪還を目指し、更なる改良を加えたMotoGPマシン“RC212V”を6台投入いたします。

ワークスチームのレプソル・ホンダ・チームは、昨年と同様の布陣で、2007年シーズンをランキング2位で終えたダニ・ペドロサと2006年シリーズチャンピオン、2007年は同8位となったニッキー・ヘイデンで戦って参ります。

レプソル・ホンダ・チーム (Repsol Honda Team)

#2 ダニ・ペドロサ(Dani Pedrosa, 22歳, スペイン)
#69 ニッキー・ヘイデン(Nicky Hayden, 26歳, アメリカ)

チーム・サン・カルロ・ホンダ・グレッシーニ (Team San Carlo Honda Gresini)

#15 アレックス・デ・アンジェリス(Alex de Angelis, 23歳, サンマリノ)
#56 中野 真矢(Shinya Nakano, 30歳, 千葉県)

ジェイアイアール・チーム・スコット・モトGP (JiR Team Scot MotoGP)

#4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ(Andrea Dovizioso, 21歳, イタリア)

エルシーアール・ホンダ・モトGP (LCR Honda MotoGP)

#14 ランディ・デ・ピュニエ(Randy de Puniet, 27歳, フランス)

<250ccクラス>
250ccクラスには、2チーム2名のライダーが“RS250RW”で参戦、タイトル獲得を狙います。

タイ・ホンダ PTT SAG (Thai Honda PTT SAG)

#14 ラタパーク・ウィライロー(Ratthapark Wilairot, 19歳, タイ)

ジェイアイアール・チーム・スコット・250 (JiR Team Scot 250)

#72 高橋 裕紀(Yuki Takahashi, 23歳, 埼玉県)

MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ
昨年ファクトリーチームの参加が認められたことからワークスチーム“TEAM HRC”として参戦したJSB1000クラスですが、国内のロードレースの活性化とファンの皆様に対してより一層レースを楽しんで見ていただける機会を増やすため、2008年は、(株)ホンダモーターサイクルジャパンの協力のもと、“ドリーム・ホンダ・レーシングチーム”としてJSB1000クラスに参戦します。

ドリーム・ホンダ・レーシングチーム 48 (DREAM Honda Racing Team 48)

#48 手島 雄介(Yusuke Teshima, 25歳, 埼玉県)

ドリーム・ホンダ・レーシングチーム 11 (DREAM Honda Racing Team 11)

#11 徳留 和樹(Kazuki Tokudome, 24歳, 鹿児島県)

また、(株)ホンダモーターサイクルジャパンは、(株)ホンダ・レーシング他、Honda技術陣と協力しながら、JSB1000、GP250、GP125、ST600、GP-MONOクラスに参戦するHonda二輪販売店チームを中心に、チームやライダーへのサポートを行います。

【モトクロス】
MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ
ワークスチームの“TEAM HRC”は、IA 1(4ストロークは450cc以下)クラスとIA 2(4ストロークは250cc以下)クラスに参戦し、チャンピオン獲得に挑みます。

チーム・エイチアールシー (TEAM HRC)

IA 1クラス #712 熱田 孝高(Yoshitaka Atsuta, 30歳, 宮城県)
IA 1クラス #4 増田 一将(Kazumasa Masuda, 27歳, 東京都)
IA 2クラス #197 平田 優(Yu Hirata, 23歳, 愛知県)

また、(株)ホンダモーターサイクルジャパンは、(株)ホンダ・レーシング他、Honda技術陣と協力しながら、IA1、IA2、IB2、IB-OPEN、レディースクラスに参戦するHonda二輪販売店チームを中心に、チームやライダーへのサポートを行います。

【トライアル】
FIMトライアル世界選手権シリーズ
トライアル世界選手権シリーズには、4ストロークエンジンを搭載した“Montesa COTA 4RT”を2台投入し、ライダーズタイトルの2連覇とコンストラクターズタイトルの3連覇を狙います。

レプソル・モンテッサ・エイチアールシー (REPSOL MONTESA HRC)

#1 トニー・ボウ(Toni Bou, 21歳, スペイン)
#3 藤波 貴久(Takahisa Fujinami, 28歳, 三重県)

MFJ全日本トライアル選手権シリーズ
(株)ホンダ・レーシングは、全日本トライアル選手権に参戦するHRCサービスショップ所属のHRCクラブを中心に、チームやライダーへのサポートを行います。

ページトップへ

ご参考
全日本選手権に参戦する主なHondaチーム及び参戦ライダー
(株)ホンダモーターサイクルジャパンは、(株)ホンダ・レーシング他、Honda技術陣と協力しながら、全日本ロードレース、モトクロス選手権に出場するHondaライダーを対象に、練習走行の場を提供し、フィジカルトレーニングなどのアドバイスを行う「Honda Racing Family・サーキットミーティング」を開催いたします。また、各選手権の会場では、出場するHondaライダーを対象に、技術スタッフによるマシンセッティングやライディングテクニックなどをアドバイスする「Honda Racing Family・レーシングサービス」を実施することで、各ライダーのレース活動を支援してまいります。

全日本ロードレース選手権参戦の主なチーム/ライダー
チーム名 参戦クラス 参戦マシン ライダー 2007年の主な戦績
急募.com Team HARC-PRO. JSB1000 CBR1000RR 安田 毅史 全日本JSB1000 2位
Team 桜井ホンダ JSB1000 CBR1000RR 亀谷 長純 全日本JSB1000 5位
モリワキ MOTUL レーシング JSB1000 CBR1000RR 山口 辰也 全日本JSB1000 7位
F.C.C. TSR JSB1000 CBR1000RR 辻村 猛 全日本JSB1000 11位
KEIHIN Kohara Racing & TSR JSB1000 CBR1000RR 伊藤 真一 全日本JSB1000 18位
急募.com Team HARC-PRO.
ST600 CBR600RR 小西 良輝 全日本ST600 チャンピオン
レーシングチーム・ハニービー ST600 CBR600RR 野田 弘樹 全日本ST600 4位
F.C.C. TSR ST600 CBR600RR 岩田 悟 全日本ST600 7位
バーニングブラッドRT ST600 CBR600RR 稲垣 誠 全日本ST600 10位
DyDo MiU Racing Team ST600 CBR600RR 國川 浩道 全日本GP250 15位
バーニングブラッドRT GP250 RS250R 高橋 巧 全日本GP250 2位
Team Project μ・FRS GP250 RS250R 富沢 祥也 全日本GP250 8位
DyDo MiU Racing Team GP125 RS125R 岩田 裕臣 全日本GP125 チャンピオン
Team Project μ・FRS GP125 RS125R 仲城 英幸 全日本GP125 4位
18 GARAGE RACING TEAM GP125 RS125R 柳沢 祐一 全日本GP125 6位
TEAM PLUS ONE GP125 RS125R 山田 亮太 全日本GP125 7位
F.C.C. TSR GP125 RS125R 菊池 寛幸 全日本GP125 8位
RP馬行 & YUE + プロマティック-アイ GP125 RS125R 竹内 吉弘 全日本GP125 10位
TEAM PLUS ONE GP-MONO GPMR250X 森 隆嘉 全日本GP-MONO チャンピオン
モリワキ MOTUL レーシング GP-MONO MD250H 乃村 康友 全日本GP-MONO 3位

※GP-MONOに参戦するマシンはCRF250のエンジンを利用したコンストラクター作成のレース専用車
※情報は暫定で、変更になる場合があります。

全日本モトクロス選手権参戦の主なチーム/ライダー
チーム名 参戦クラス 参戦マシン ライダー 2007年の主な戦績
Honda DREAM RT IA1 CRF450R 高濱 龍一郎 全日本MX IA1 8位
TEAM HAMMER IA1 CRF450R 小方 誠 全日本MX IA1 11位
TEAM BAS with ITOMO IA1 CRF450R 福留 善秀 AMA参戦
SEKI Racing MotoRoman IA2 CRF250R 深谷 広一 全日本MX IA2 7位
SEKI Racing MotoRoman IA2 CRF250R 星野 優位 全日本MX IA2 15位
TEAM BAS with ITOMO IA2 CRF250R 富田 俊樹 全日本MX IA2 24位
SEKI Racing MotoRoman IA2 CRF250R 出口 隼飛 全日本MX IB-OPEN 3位
TEAM HAMMER IA2 CRF250R 松下 光 全日本MX IB-OPEN 5位
Team HSF IA2 CRF250R 飯沼 泰裕 全日本MX IB2 5位
SEKI Racing MotoRoman レディース CRF150R 益 春菜 全日本MX レディース 2位
Honda DREAM 垂水&BMC レディース CRF150R 山本 泉 全日本MX レディース 5位

※レディース(排気量の上限が、2ストローク85cc、4ストローク150cc)
※情報は暫定で、変更になる場合があります。

全日本トライアル選手権参戦の主なチーム/ライダー
チーム名 参戦クラス 参戦マシン ライダー 2007年の主な戦績
HRCクラブ TEAM MITANI IAS RTL260F 小川 友幸 全日本IAS チャンピオン
HRCクラブ ぱわあくらふと IAS RTL260F 田中 太一 全日本IAS 4位
HRCクラブ ぱわあくらふと IAS RTL260F 尾西 和博 全日本IAS 9位
HRCクラブ TEAM MITANI IAS RTL260F 小川 毅士 全日本IAS 10位
HRCクラブ TEAM MITANI IAS RTL260F 小森 文彦 全日本IA 2位
HRCクラブ TEAM MITANI IAS RTL260F 三谷 英明 全日本IA 3位
IA RTL260F 本多 元治 全日本IA 5位
HRCクラブ 関東SWまるやま IA RTL260F 竹屋 健二 全日本IA 6位
HRCクラブ TEAM MITANI IA RTL260F 田中 裕人 全日本IA 8位

※情報は暫定で、変更になる場合があります。

ホンダモーターヨーロッパがサポートを行う、WSB及びWSS、WMXに参戦する
主なHondaチーム及び参戦ライダー

スーパーバイク世界選手権(WSB)には、海外現地法人であるホンダモーターヨーロッパ(HME)のサポートを受けたプライベートチームから、2006・2007年と英国スーパーバイク選手権(BSB)で2年連続してチャンピオンを獲得した清成龍一、日本人若手ライダーの育成のために2004年に創設した「Honda Racing スカラーシップ」(ライダー育成奨学制度)の第3期生であり、昨年までロードレース世界選手権シリーズ250ccクラスに参戦していた青山周平らが、フルモデルチェンジしたCBR1000RRを駆って参戦します。また2007年にMotoGPをサテライトチームから、鈴鹿8時間耐久レースをワークスチームから参戦したカルロス・チェカ、昨年スーパースポーツ世界選手権(WSS)で他の追随を許さない独走優勝を果たしたケナン・ソフォーグルの両選手も、HMEのサポートチームよりWSBに参戦します。

スーパースポーツ世界選手権(WSS)には、BSBで清成のチームメートとして清成に続くランキング2位を獲得したジョナサン・レイが、清成龍一と同じチームからCBR600RRを駆って参戦します。

またHMEは、モトクロス世界選手権(WMX)に参戦する2つのチームに対してサポートを行います。WMX最高峰クラスであるMX1クラスに、2007年の英国選手権MX2クラスチャンピオンのマイク・ブラウン、2007年英国選手権MX1クラスのチャンピオンであるビリー・マッケンジー、スイス選手権で複数回チャンピオンを獲得しているジュリアン・ビル、そして元オランダ選手権125ccクラスチャンピオンのマルク・ド・ルーバーの4名のライダーがCRF450Rで参戦します。

スーパーバイク世界選手権(WSB)参戦の主なチーム/ライダー
チーム名 参戦クラス 参戦マシン ライダー 2007年の主な戦績
Hannspree Ten Kate Honda WSB CBR1000RR 清成 龍一 BSB(イギリス スーパーバイク)チャンピオン
Hannspree Ten Kate Honda WSB CBR1000RR Carlos Checa MotoGP 14位
Hannspree Ten Kate Honda WSB CBR1000RR Kenan Sofuoglu WSS チャンピオン
Alto Evolution Honda Racing WSB CBR1000RR 青山 周平 WGP 250cc 12位
Alto Evolution Honda Racing WSB CBR1000RR Luca Morelli WSB 22位
Hannspree Honda Althea WSB CBR1000RR Roberto Rolfo WSB 8位
Team DFX Honda WSB CBR1000RR Karl Muggeridge WSB 16位
Team DFX Honda WSB CBR1000RR Russell Holland AUC(オーストラリア スーパーバイク)6位
Paul Bird Motorsport WSB CBR1000RR Gregorio Lavilla BSB(イギリス スーパーバイク)4位

※情報は暫定で、変更になる場合があります。

スーパースポーツ世界選手権(WSS)参戦の主なチーム/ライダー
チーム名 参戦クラス 参戦マシン ライダー 2007年の主な戦績
Hannspree Ten Kate Honda WSS CBR600RR Jonathan Rea BSB(イギリス スーパーバイク)2位
Hannspree Ten Kate Honda WSS CBR600RR Andrew Pitt WSS 17位
Hannspree Honda Althea WSS CBR600RR Gianluca Nannelli WSS 13位
Hannspree Honda Althea WSS CBR600RR Tommy Hill WSS 22位
Hannspree Stiggy WSS CBR600RR Robbin Harms WSS 7位
Hannspree Stiggy WSS CBR600RR Joshua Brookes WSS 28位

※情報は暫定で、変更になる場合があります。

モトクロス世界選手権(WMX)参戦の主なチーム/ライダー
チーム名 参戦クラス 参戦マシン ライダー 2007年の主な戦績
CAS Honda MX1 CRF450R Mike Brown MX1 7位
CAS Honda MX1 CRF450R Billy Mackenzie MX1 9位
Martin Honda MX1 CRF450R Marc de Reuver MX1 14位
Martin Honda MX1 CRF450R Julian Bill MX1 15位

※情報は暫定で、変更になる場合があります。

Page top
4輪参戦計画概要
F1世界選手権
2008年シーズン「Honda Racing F1 Team」は、チームプリンシパルにロス・ブロウンを迎え、新たな体制でチャンピオンシップに挑みます。また、マシン開発においても、日本とイギリスの連携を密にすることで、チーム基盤の強化を図りました。

新型マシンHonda「RA108」は、全く新しいコンセプトで設計し、安定した、高い空力性能を引き出すことを目標とし、新レギュレーションに対応したV8エンジンHonda「RA808E」とともに、まずは常にトップ争いを展開することを目指します。

ホンダ・レーシング・エフワン・チーム (Honda Racing F1 Team)

#16 ジェンソン・バトン(Jenson Button, 28歳, イギリス)
#17 ルーベンス・バリチェロ(Rubens Barrichello, 35歳, ブラジル)

IRL インディカー・シリーズ
アメリカン・ホンダ・モーターの子会社Honda Performance Development, Inc.(ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント)が、唯一のエンジンサプライヤーとして、Honda V8エンジン「HI8R」を全チームに供給します。

また、今年からレギュレーション変更により、全車パドルシフト化され、ドライバーは指先でシフトチェンジすることが可能になり、ミスを軽減でき、コーナーなどでもステアリングから片手を離すことなくシフトチェンジできることから、安全性の向上が図られました。

アンドレッティ・グリーン・レーシング (Andretti Green Racing)

#11 トニー・カナーン(Tony Kanaan, 33歳, ブラジル)
#7 ダニカ・パトリック(Danica Patrick, 25歳, アメリカ)
#26 マルコ・アンドレッティ(Marco Andretti, 20歳, アメリカ)
#27 武藤英紀(Hideki Mutoh, 25歳, 東京都)

ターゲット・チップ・ガナッシ・レーシング (Target Chip Ganassi Racing)

#9 スコット・ディクソン(Scott Dixon, 27歳, ニュージーランド)
#10 ダン・ウェルドン(Dan Wheldon, 29歳, イギリス)
#未定 アレックス・ロイド(Alex Lloyd, 23歳, イギリス)

チーム・ペンスキー (Team Penske)

#3 エリオ・カストロネベス(Helio Castroneves, 32歳, ブラジル)
#6 ライアン・ブリスコー(Ryan Briscoe, 26歳, オーストラリア)

ドレイヤー&レインボールド・レーシング (Dreyer&Reinbold Racing)

#15 バディ・ライス(Buddy Rice, 32歳, アメリカ)
#5 サラ・フィッシャー(Sarah Fisher, 27歳, アメリカ)

ヴィジョン・レーシング (Vision Racing)

#22 A.J.フォイト4世(A.J.Foyt IV, 23歳, アメリカ)
#20 エド・カーペンター(Ed Carpenter, 26歳, アメリカ)

パンサー・レーシング (Panther Racing)

#4 ヴィットール・メイラ(Vitor Meira, 30歳, ブラジル)

エイ.ジェイ.フォイト・エンタープライズ (A.J. Foyt Enterprises)

#14 ダレン・マニング(Darren Manning, 32歳, イギリス)

レイホール・レターマン・レーシング (Rahal Letterman Racing)

#17 ライアン・ハンターレイ(Ryan Hunter-Reay, 27歳, アメリカ)

サマックス・モータースポーツ (SAMAX Motorsport)
#23 ミルカ・デュノー(Milka Duno, 35歳, ベネズエラ)

ロス・レーシング (Roth Racing)

#25 マーティ・ロス(Marty Roth, 49歳, カナダ)
#未定 ジェイ・ハワード(Jay Howard, 27歳, イギリス)

※チーム/ドライバーラインアップは2008年2月12日現在のIRLホームページにもとづく。

アメリカン・ルマン・シリーズ
アメリカン・ホンダ・モーターの子会社Honda Performance Development, Inc.(ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント)が、昨年に引き続き独自で開発設計を行ったACURA LM V-8エンジンを投入するとともに、全車ACURA ARX-01bシャシーでアメリカン・ルマン・シリーズのプロトタイプカテゴリーであるLMP2クラスに参戦します。

XMサテライトラジオ・アンドレッティ・グリーン・レーシング (XM Satellite Radio Andretti Green Racing)

パトロン・ハイクロフト・レーシング (Patron Highcroft Racing)

ロウズ・フェルナンデス・レーシング (Lowe's Fernandez Racing)

ド・フェラン・モータースポーツ (De Ferran Motorsports)
SUPER GT
(株)M-TECと(株)童夢の協力による「Honda NSX-GT プロジェクト」のもと、5チーム5台体制にて参戦し、2年連続のチームとドライバーズのダブルタイトル獲得を目指します。

オートバックス・レーシング・チーム・アグリ (AUTOBACS RACING TEAM AGURI)

#1 ラルフ・ファーマン(Ralph Firman, 32歳, イギリス)
#1 伊沢拓也(Takuya Izawa, 23歳, 東京都)

リアル レーシング ウィズ レオン (REAL RACING with LEON)

#17 金石勝智(Katsutomo Kaneishi, 39歳, 大阪府)
#17 金石年弘(Toshihiro Kaneishi, 29歳, 大阪府)

童夢レーシングチーム (DOME RACING TEAM)

#18 道上龍(Ryo Michigami, 34歳, 奈良県)
#18 小暮卓史(Takashi Kogure, 27歳, 神奈川県)

エプソン・ナカジマ・レーシング (EPSON NAKAJIMA RACING)

#32 ロイック・デュバル(Loic Duval, 25歳, フランス)
#32 平中克幸(Katsuyuki Hiranaka, 26歳, 北海道)

チーム・クニミツ (Team Kunimitsu)

#100 井出有治(Yuji Ide, 33歳, 埼玉県)
#100 細川慎弥(Shinya Hosokawa, 26歳, 福岡県)

フォーミュラ・ニッポン
日本レースプロモーションを通じ、4チームに3リッターV8エンジン「HF386E」を供給します。

エスジーチームゴジゲン (SG team 5ZIGEN)
PIAA ナカジマ (PIAA NAKAJIMA)
ドコモ・ダンディライアン (DoCoMo DANDELION)
オートバックス・レーシング・チーム・アグリ (AUTOBACS RACING TEAM AGURI)

全日本F3選手権
ホンダ・チーム・リアル (Honda Team Real)

#7 山本尚貴(Naoki Yamamoto, 19歳, 栃木県)
#8 中山友貴(Yuki Nakayama, 20歳, 石川県)

ホンダ戸田レーシング (Honda TODA Racing)

#2 中嶋大祐(Daisuke Nakajima, 19歳, 愛知県)

フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)
世界で活躍する有能な若手ドライバーの発掘・育成と、日本のモータースポーツの裾野を広げ将来を支える人材の育成を目的として、ジュニア・フォーミュラレース「フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)」に協力していきます。

おかしいぞ!SUPERAGURIF1TEAMの名前が無い!
ドライバーの琢磨&アンソニーの名前どころか、チームの名前すら無い・・・
おかしいぞ、この発表会、何かある。
HONDAレーシングの公式HPにもSAF1の名前が消えてる・・・・


2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/
HONDA記事全文トラックバック数:0コメント数:0

やっぱりF1ファンをなめてる(怒)

2008/02/20(水) 16:59:17

今何位?ポチっとねブログランキング

ヤタさん、お疲れ様でした。
FSWの発表内容は根本に関わるものでは無く、かなり生温いカイゼン計画ですね。

■基本方針
①安心で確実な交通アクセス
②楽しく快適な観戦環境

>安心で確実な交通アクセス
昨年も言ってなかったかなぁ?
>楽しく快適な観戦環境
その中身が知りたい、ていうか観客の目線でやれるのか?

■バス留置き方式の採用
チケット&ライドシステムを今年も採用。
ただし、バスを会場内にそのまま待機させておく「留置き方式」へ変更。

>チケット&ライドシステムを今年も採用
今年もあの悪システムなのね。
>バスを会場内にそのまま待機させておく「留置き方式」へ変更
なんだかなぁ~(;¬д¬) 待ち時間2時間3時間バスに乗ってれば文句ねぇ~だろ!的な考え?

■来場者数を昨年より削減
来場者数は、金曜4万、土曜7万、決勝日を11万人の合計22万人を予定。


昨年の数がこんなもんじゃなかったの?
T○Y○T○社員やJ○B社員をかき集めて水増しなんかしてるから今回嘘言わなきゃならなくなった。爆

■観戦チケット価格
観戦チケット価格は昨年のまま据置。
来場者数減少に伴い指定席B、G、Jが廃止。

>観戦チケット価格は昨年のまま据置
昨年被害を被ったファンの割引も無いのかよ、どこまで貪欲に金を毟り取るのかねぇ~。

■チケット発売方法
富士スピードウェイが行う抽選販売と旅行会社による先着順販売の2種類を基本。
インターネットに専用サイトは5月1日からオープン。
申し込み受付は5月12日から。
旅行会社は5月上旬


また今年もJ○Bだけなのかよ、提携してる旅行会社もまた泣きを見るのか・・・

■応援幕、旗について
危険を伴わず、他のお客様の迷惑とならない限りは自由。
是非、応援するチームやドライバーの応援幕、旗で場内をうめてほしい。


当たり前じゃ!応援旗、横断幕、応援フラッグはF1の文化、年に1回のGPには贔屓のチーム、ドライバーに会えるファンにとって大事なイベントです。
今頃になって応援幕、旗OKは何??

■歩道の新設
P席、Q席の間からパドック内への道路を一般の方も利用できるようにする。


■陥没部分の改良は?
07年陥没部等スロープ部分はコンクリート舗装へと改良。


今頃になって?当日金曜日に何故出来なかったのか。

■スタッフの増員と教育
スタッフの増員はもちろんのこと教育、訓練を徹底。


是非お願いします。
いざという時、逃げ出さない教育をして下さいね。

■払い戻しの件
30分スタートが遅れた事もあり辞退した方もいれて結果的に払戻は54名。
当初85名予定。


■バス増車
留置き方式を採用するにあたり昨年よりバスを多く手配する必要がある。
留置きバスは1650台を予定。


今年秋の開催時期は修学旅行とブッキングするが大丈夫か?
東バス停、西バス停共に、より広い敷地が必要になる。
どう広げるんでしょう?

全体的に目新しいカイゼンはありませんね、当たり前な事に近づいただけ。
『謝罪は当日行ったので今後いかなる場においても謝罪しない』言い放ったFSW、今日が最後のチャンスだったのに逃した。


2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

今日午後、2008F1日本GP開催概要発表

2008/02/20(水) 10:51:05

今何位?ポチっとねブログランキング

fuji_sw_l2.jpg


本日午後、都内某所にてFSWによる2008F1日本GP開催概要が発表されます。
どこがどう『カイゼン』されるのか、注目したいですが私的には、この発表の場で昨年被害を被ったF1ファンに対してきちんと謝罪するのか?を淡い期待で待ってます。

チケット料金は仕方ないとしてもFSWのハード面、運営のソフト面が如何に『カイゼン』されるか、小山町にはお金が落ちるようになるのか。
サーキットへのアクセスはスムーズになるのか、逆に問題となったサーキットからの出場はスムーズになるか?(私を含めほぼ全員が被害にあった)
観戦客をもてなす意味でのホスピタリティーはどうするのか。

どんなに良いカイゼン案が発表されてもそれを運用する側、スタッフ等への徹底した教育をしなければ、素晴らしいカイゼン案も画に書いた餅。
少しでもファンありきの運営、開催を望みます。

午後、発表会がありますが、F1観戦塾のヤタ塾長が状況を報告してくれるそうです。
状況報告はこちら
http://kansenzyuku.blog44.fc2.com/



2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

SAF1プレスリリース

2008/02/15(金) 22:23:57

今何位?ポチっとねブログランキング

デビッドソンが最終日ステアリングを握りテストは終了。
琢磨に続きデビッドソンも2008シーズン用ECU理解に努めた。
また、シャシーの構造的プログラムや空力テストとともにレーススタートを含む制御システムの評価を行い、来週のテストのためにバルセロナに向かう。

佐藤琢磨
「実質的な2008年の初テストは楽しかったです。
多くの周回を重ね、総合的なプログラムを完了しました。
いろいろなセットアップを試し、システムチェックやいつものタイヤ・プログラムを問題なくこなしたので、とてもよいテストだったと思います。
チームの全員が素晴らしい仕事をしたので、この勢いを次の2回のテストでも維持したいです」


アンソニー・デビッドソン
「長い冬休みのあとでマシンに戻れてうれしいです。
ヘレスは晴れていましたが、午後には風が強くなり、トラック上でよいバランスを見つけるのが難しくなりました。
103周走ることができ、すべて高い信頼性でした。
チームとしてもドライバーとしてもMESシステムを学習している段階ですが、今日は全体的にかなり進歩したと思います」



2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ヘレス・テスト(2/14)

2008/02/15(金) 16:19:19

今何位?ポチっとねブログランキング

琢磨に代わり僚友デビッドソンが登場。
精力的に103周をこなした。

1位 H・コバライネン(マクラーレン)  1'17.974  96周
2位 D・クルサード(レッドブル)      1'18.485 107周
3位 中嶋一貴(ウィリアムズ)       1'19.117  90周
4位 L・ハミルトン(マクラーレン)     1'19.429  83周
5位 R・クビサ(BMW)           1'19.535 129周
6位 S・ベッテル(トロロッソ)        1'19.688  53周
7位 N・ピケJr(ルノー)           1'19.817 134周
8位 S・ボーダイス(トロロッソ)      1'19.848 101周
9位 N・ハイドフェルド(BMW)      1'19.934 116周
10位 M・ウェバー(レッドブル)      1'19.980 107周
11位 G・フィジケラ(F・インディア)    1'20.669  89周
12位 J・バトン(ホンダ)          1'20.988 121周
13位 A・デビッドソン(SAF1)      1'21.010 103周
14位 N・ハルクバーグ(ウィリアムズ)  1'21.116  71周
15位 D・グラッシ(ルノー)         1'21.286  73周
16位 A・ブルツ(ホンダ)          1'21.605 103周


2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

歴代NO1の佐藤琢磨

2008/02/15(金) 12:09:23

今何位?ポチっとねブログランキング

080213-4.jpg


2月初旬に発売の英版Autosportに掲載された記事。
F3が2Lエンジンになった1974年以降で、その実力が評価された10人で琢磨がNO1の座を獲得。
そうそうたる歴代F1チャンピオンを抑えての1位。
1シーズン中に英国F3チャンピオン、マカオGP優勝、マスターズ優勝を獲得、これは過去に例は無く『琢磨』だけ。
きっちりとマシンを作り上げれば琢磨は速い、HONDAがバックアップをしっかりとすれば上位での戦いが出来るはず。

1. 佐藤琢磨
2. アイルトン・セナ
3. トミー・バーン
4. アラン・プロスト
5. ヤン・マグヌッセン
6. ミハエル・シューマッハー
7. ミカ・ハッキネン
8. ルイス・ハミルトン
9. リカルド・リデル
10. ヤルノ・トゥルーリ


2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

チームリーダー『佐藤琢磨』登場!!

2008/02/13(水) 15:44:27

今何位?93位くらい?ブログランキング

080213-2.jpg

080213-1.jpg


あまり良いニュースが最近ありませんでしたが、ヘレステスト2日目にSAF1琢磨が登場しました。
新車発表が無くても、体制がはっきりしなくとも、やはり琢磨がサーキット入りしてSAF1のマシンを操るだけで我々のテンションは上がりますo(^-^)o
昨シーズンマシンの改良型SA07BでFIA支給のECU(エンジンコントロールユニット)のデーター取り、信頼性の確認等の為、90周を消化。
特にトラブルなど無く終了した。
残留を信じてますよ!

ヘレス・テスト 2008年02月12日
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
01 L・ハミルトン マクラーレン 01:19.102 89
02 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:19.287 88
03 R・クビサ BMW 01:19.539 91
04 中嶋一貴 ウィリアムズ 01:19.601 93
05 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:19.660 120
06 N・ハイドフェルド BMW 01:19.958 94
07 M・ウェーバー レッドブル 01:20.013 113
08 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:20.029 125
09 S・ヴェッテル トロロッソ 01:20.105 53
10 D・クルサード レッドブル 01:20.176 111
11 S・ボーデ トロロッソ 01:20.418 82
12 R・バリチェロ ホンダ 01:21.133 71
13 L・ディ・グラッシ ルノー 01:21.200 92
14 佐藤琢磨 スーパー アグリ 01:21.400 90
15 V・リウッツィ フォースインディア 01:21.553 103
16 A・ブルツ ホンダ 01:21.950 86


2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:3

SUPERAGURIが発表会延期だって・・・

2008/02/12(火) 20:15:14

今何位?93位くらい?ブログランキング

451-2.jpg


SAF1TEAMは19日バルセロナで予定されていた新マシン発表会を中止すると発表しました。
あ~ぁ、20日は休みを取って楽しみにしてたのに・・・ がくっ(_ _)
マシン自体はクラッシュテストに合格しており、今週のヘレスおよび次のバルセロナでもテストを行う予定とのこと、マシンがデビューするのはバルセロナだということですね。
この延期にはドライバーの契約とスポンサーとの契約が確定いていない為と考えていいだろう。
発表会は延期だが、亜久里代表とマーク・プレストンへのインタビューが代わりに予定されているそうです。

2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

こういう奴は市原へ送れ(怒)

2008/02/11(月) 17:16:25

今何位?93位くらい?ブログランキング

3550094422.jpg


元外相の長男で東京都議柿沢未途(37)が首都高速で物損事故を起こし、その際に警視庁高速道路交通警察隊の検査で基準を超えるアルコールを検出されていた。
柿沢都議は「焼き肉店で飲食後、友人の家に向かう途中だった」と話しており、同隊は道交法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検する方針。
柿沢都儀は9日午後10時55分ごろ、東京都板橋区泉町の首都高速5号下りを1人で自家用車を運転していたところ、側壁に衝突。

福岡でもつい最近大きな事件があったばかり、そしてこの都議の事件。
もう日本の政治家も信じられませんね、都民の生命、財産を守る立場の人間が酒を呑み車を運転するなんて、議員の資格はありません!
何故こんな事が出来るのでしょう?柿沢都議にTV出演してもらい聞いてみたいものです。

2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

ひとりごと記事全文トラックバック数:0コメント数:0

SA08クラッシュテスト合格

2008/02/10(日) 22:38:00

今何位?93位くらい?ブログランキング

SUPERAGURIF1の新車SA08が先週7日FIAのクラッシュテストに合格。
準備も着々と進んでいるが、まだドライバーラインナップは決定していない。
資金面でも依然確定はしていないが、有力な投資家と交渉中とのこと、亜久里代表のコメントでは、今まで名の挙がった企業、投資家については話し合いは物別れになったようで今後交渉は無いそうです。
あと一週間、待ち遠しいですね。

2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ハッキネン、離婚

2008/02/10(日) 20:53:01

今何位?93位くらい?ブログランキング

F1界の模範カップルが離婚する見込みになった。
1998年イリヤさんと結婚したハッキネンは、F1転戦先に常に一緒に行動。
仲むつまじい姿を世界中に見せつけた夫妻、二人の子供(ヒューゴ君とアイナ・ジュリアちゃん)の親権はどちらが持つかは明らかにされていない。
何故離婚に至ったのかは夫婦の間のことなので分かりませんが、個人的にはイリヤ夫人と別れて正解でしょう。
もうハッキネンは夫人のせいで泣かずに済みますからね。

2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

F1ニュース記事全文トラックバック数:0コメント数:0

今度はロシアマネーか?

2008/02/08(金) 20:09:58

今何位?93位くらい?ブログランキング

19日に新車発表を控えたSAF1、同時に体制発表もされるのかは定かではないが、直前になり今度はロシアのコンソーシアムの買収話しが飛び出した。
SAF1が生き残るためには緊急の資金調達が必要である事は確かだが、身売りだけは勘弁してもらいたい。
これだけ何回も買収話しが飛び出すのもSAF1が世界的にも人気があり、投資家達も注目している証拠です、この人気チームに何故大口スポンサー(日本企業)が現れないのか不思議です。
我々ファンは大した活動は出来ないですが、webを利用しスポンサーが現れるよう、このように書くしかないのです。

フォーミュラニッポン・SUPERGTもそうですがスポンサーを募るのが困難な現状、FANの足もサーキットから遠のくご時世、日本のモータースポーツの発展の為に日本企業よ!金出してくれ!

2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/
SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:6

『RB4』斬新リヤウィング

2008/02/02(土) 20:23:22

今何位?93位くらい?ブログランキング

redbull_rb4_rwing_l.jpg


これは空力的に有利なのか??
後部のエンジンカバー中心部をそのままの高さでリヤウィング部まで伸した斬新なエアロダイナミックス。
E・ニューエイの案らしいのだが、タイム的には以前のタイムより少し遅れたようだ。
エンジンカバーは低く低くとするのが常套ですが、このカバー、吉と出るか?

2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/
SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

左近、ルノーのテストドライバーに

2008/02/01(金) 10:54:11

今何位?93位くらい?ブログランキング

11.jpg


本当の話なら嬉しいニュースになりますね。
1月30日にパリのホテルで行なわれたルノーの2008年シーズンドライバー・ラインナップに山本左近の名前が連なっていたようです。
昨年末、最後までフォース・インディアの候補に上がっていた左近、結局フォース・インディアはフィジケラとスーティルに落ち着き、二人が発表された段階で左近のフォース・インディアのシートはなくなりました。
フォース・インディアの話と並行して、左近とマネージャーは、ルノーのフラビオ・ブリアトーレと接触、話はいい方向に進まなかったが、バーニー・エクレストンと懇意の人物を通じて改めてブリアトーレと折衝し、“飾り物ではない走れるテスト・ドライバー”としての契約を締結するに至ったという。
本日(2月1日)からバルセロナで予定されている合同テストに参加するかもしれない。

2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/

怒れるF1馬鹿のブログ
http://love-f1-saf1.cocolog-nifty.com/blog/

F1日本GPをファンの手に取り戻せ!
http://savef1jpngp.blog122.fc2.com/

F1ニュース記事全文トラックバック数:0コメント数:0
ホーム全記事一覧

SAVE JAPAN

SAF1ファンサイト


佐藤琢磨Fan's Blog

あぐりねっと

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

PR









セシール - おウチであったか特集





最近の記事

RSSフィード

Copyright(C) 2006 SUPERAGURI F1を応援するブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。