SUPERAGURI F1を応援するブログ

2005年のあの日と同じ11月1日に発表とは・・・ 亜久里代表もやってくれるねぇ。

琢磨君のお気に入り

PIT IN

FC2カウンター

プロフィール

arizou

Author:arizou
F1サーカスをこよなく愛するおぢさん。
SAF1は撤退してしまいましたが亜久里代表も佐藤琢磨もレース界から去ったわけではありません。
亜久里代表の真っ直ぐな姿勢が大好き・・なおじさんです。

気軽にコメント下さい

SAF1リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

BLOGランキングに参加してます、 是非クリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

マクラーレンは無罪

2007/05/31(木) 21:35:59

mncgp_150.jpg

今何位? 21位くらい?ブログランキング

FIA公式発表です。
モナコGPにおけるマクラーレンのチームオーダーの有無を調査したFIAは、レギュレーションに抵触する事由がなかったことを発表。
無線交信記録を中心に調査を行ったが、チームオーダーの痕跡はなく「完全に合法」と結論づけた。

マクラーレンのR・デニス監督はチームオーダー疑惑が晴れて『フェルナンドとルイーズの1&2による完璧な勝利、そして150勝目の勝利が一時的に傷つけられたことには失望した。
FIAが嫌疑に対して効率的に介入して、3日間の調査が行われモナコGPの結果について如何なる疑いをも取り除けた。』
と安堵のコメント。

                    →■□■F1ツアーならJTBへ■□■←


 

スポンサーサイト
未分類記事全文トラックバック数:1コメント数:0

マクラーレン、リザルト抹消か?

2007/05/31(木) 00:23:36

z1179931832.jpg
去年はステアリング、今年はヘルメットにダイヤが埋め込まれた。

今何位? 28位くらい?ブログランキング

FIAマクラーレンチームオーダーについて調査することを明らかにした。
ドライバーとピットとの無線交信記録について調査するそうです。
この調査で国際スポーツ規約(151条)の違反が発覚した場合、罰金もしくはリザルト抹消などが予想される。


FOMのB・エクレストンはこのことについて、『私は、(モナコGPで)チームオーダーが存在したのかどうかは知らない。
でも1つ分かっていることは、もし2人のドライバー順位についてチームオーダーが出されていたのであり、順位をホールドしたのであればスポーティングレギュレーションに反している。
万一、チームオーダーがあったとして、軽ければ(以前違法に問われた)フェラーリと同じように罰金となるだろう。
だが、チャンピオンシップから除外されたり、ポイントの剥奪もあるかもしれない。』


凄い事になっちゃったですね、この件についてチーム側は『我々は調査には協力している。
レース前とレース中の決定においては国際スポーツ規約に則っている』と語ったが、説得力が無いですね。
行方を見守りたいです。




未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

琢磨公式ページがトラブル発生

2007/05/30(水) 00:04:10


今何位? 21位くらい?ブログランキング

何かな?アクセスできません。
調べたところ運営事務局から、『サーバにトラブルが発生、復旧には時間が掛かりそう』とのこと。

ところで、これ知ってる??塩味のポテトチップにチョコがコーティングしてあるんだけど、このミスマッチが『癖』になる
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


佐藤琢磨記事全文トラックバック数:0コメント数:0

バトン、1ストップ作戦にするべきだった

2007/05/29(火) 20:55:58

070526-1.jpg

今何位? 21位くらい?ブログランキング

HONDAバトンはモナコのレースで中団グループに埋もれてしまったことについて反省の弁を語った。
『レースが始まる前、ボク達はスーパーソフトタイヤに賭ける心配していたんだ。
なぜなら、昨年は1ストップ作戦で苦戦したからネ。
でも後になってみると、今年は状況が良かっただけに1ストップ作戦にするべきだったよ………。
もしそれをしていたら、ボク達はポイントを獲得できたかもしれないネ。』


そうですよ・・・
今季、毎レースで中団に埋もれていい所無しなんだから、ましてや抜きにくい市街地コース。
2強チームがしない事をやらなきゃポイントは無理でしょう。




HONDA記事全文トラックバック数:0コメント数:0

琢磨『完走を次につなげたい』

2007/05/28(月) 12:25:08

070528-2.jpg

今何位? 21位くらい?ブログランキング

21番手という後方スタートだった琢磨は、燃料をたくさん積んでスタートし、最初のピットインを引き伸ばす戦略を取りたいところだった。
しかし、「ほとんどのチームがそうするだろうということで、奇襲じゃないですがユニークな作戦を取ることにしました」ということで、SUPERAGURIは2台とも2ストップ作戦でスタートした。


通常なら、「路面がグリーン(汚れている)状態をプライムタイヤでいって、路面が綺麗になった状態でオプション、というのが常道」(琢磨)だが、最初にオプションをつけ、グレイニングが出る前のアドバンテージを活かすことにした。
グレイニングが出ても、「いずれにしてもトラフィックに引っかかるだろうから」だった。



『琢磨『完走を次につなげたい』』の続きを読む…
SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:4

SAF1決勝後プレスリリース

2007/05/28(月) 02:01:41

070527-8.jpg

今何位? 24位くらい?ブログランキング

リタイヤの非常に少ない、厳しいレースが終わり、SUPERAGURIF1チームのドライバー、佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンはモナコのサーキットで初めてそろってチェッカーフラッグを受けた。
琢磨は素晴らしく良いスタートを切り、グリッド順位を4番上げ、17位となった。
初めて公道サーキットのレースを走ったアンソニーは18位でフィニッシュした。


佐藤琢磨
「僕らにとってタフなレースでしたがベストを尽くしました。
このサーキットではできるだけ頑張ってドライブしました。
渋滞というとても難しい状況がありましたが、前方が空いた場合はとても速く走ることができ、競争力がありました。
しかし、モナコではよくあるように、何度か渋滞につかまり、ペースに大きな影響がありました。
2回目のピットストップの前の渋滞のせいで、順位を上げるチャンスを逃しました。
僕らはベストを尽くし、かなり取り戻したと思いますがもっとスピードが必要でした。
プラス面は、この厳しいモナコGPで完走できたことです」


アンソニー・デビッドソン
「このレースを完走できたことは、それ自体で立派なことです。
僕らの順位ではあまりよい結果は期待せずに午後のスタートを迎え、僕は平均的なスタートを切りました。
ルノーと一緒にターン1に向かったため軽く接触し、ノーズコーンに穴が開きましたが、マシンにあまり大きな影響はなく、攻め続けることができました。


「その後レース中盤あたりで、トゥルーリのトヨタの後ろについたとき、マッサが1周あたり0.2秒ずつ僕に追いついてきました。
彼が近づくのを待って、先に行かせました。
道を譲ろうとしていたときにドライブスルー・ペナルティを受けました。
そのとき彼は僕より2秒後にいたので、少しアンフェアだと思います。
僕は渋滞ではいつもちゃんと行動していたので、青旗を無視したほかのドライバーのせいで僕が槍玉に挙げられたのかもしれません」


鈴木亜久里チーム代表
「チームにとってはあまりいい週末ではありませんでした。
このサーキットでは上位で予選を通過することが非常に重要ですが、我々は昨日の予選で失敗し、難しいレースになってしまいました。
両ドライバーもチームも今日はとてもよく頑張ったので、カナダでは別の結果を期待していますし、もっと高い順位のパフォーマンスを復活させることができるでしょう」



佐藤琢磨
シャシー:SA07-04
順位:17位
周回数:76周
最速ラップタイム:1分17秒183


アンソニー・デビッドソン
シャシー:SA07-03
順位:18位
周回数:76周
ラップタイム:1分17秒223


credit: super aguri


 

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

アロンソ2年連続優勝!!

2007/05/27(日) 22:57:26

20070527225549.jpg

今何位? 30位くらい?ブログランキング

マクラーレンの完璧な1・2フィニッシュで終えたモナコGP、4位以下を周回遅れにする圧倒的な速さ!
見応えありましたね。
HONDA、TOYOTA、SAF1は作戦ミスなのか、一時はいい所(上位)を走っていましたが、最終的には3チーム共沈みました。
日本勢はもう少しレースを勉強した方がいいんじゃないかな?
上位フィニッシュのチャンスはスタート前からあったと思います、何故HONDAは2ストップだったのか?
SAF1は何故スーパーソフトタイヤでのスタートだったの?
日本勢のレースの見所は無かったレースでした。


 

未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

Q1敗退に怒りの琢磨

2007/05/27(日) 16:54:32


今何位? 30位くらい?ブログランキング

確かに、予選前の雨で路面状況は木曜日と変わっていた。
しかし、琢磨の前に思わぬ壁が立ちはだかった。


木曜日と土曜日のフリー走行では13番手か14番手。
事前に予測していた通り、「何かあればトップ10に食い込める位置」をキープできていた。


実際、フェラーリのキミ・ライコネンが珍しくガードレールにマシン前部をヒットしてQ2のテールエンダーになり、レッドブルのクルサードがルノーのコバライネンのアタックを妨害したとして、2グリッドダウンを言い渡されている。
結果としてコバライネンもタイムは不振だった。
それを総合すれば、タラレバが成立する可能性もあった。


しかし不運は、他のドライバーだけでなく、琢磨にも襲いかかることになった。


琢磨は、2回目のアタックで1分18秒554を記録し、3度目の“本番アタック”に備えていた。
しかし、燃料給油とタイヤ交換だけの軽い作業に、思いもよらぬ時間がかかった。


一見、タイミングを待っていたようにも見えたが、「単に作業が終わるのを待っていただけ」(琢磨)
結果的に、「計測に入る前にレッドライトになって何もできなかった」琢磨は、アタックのチャンスを失った。


「なんであんなに作業が遅いのかと、ちょっとイライラしました。
操作の流れの経験不足、と一言で片付けられることではないですね」
琢磨は憤懣やるかたなしという表情でそう言った。


「予選前のプラクティスが雨だったので、タイトな予選になることが予測されていた」ことから、チームは予選セッションを有効に活かしてなるべく多く走ろうということになっていた。


1回目の走行は、クルマのウォームアップも含めて、最初はプライムタイヤでコースイン。
インステレーションラップを済ませてピットイン。
タイヤをスーパーソフトに履き替えてフィーリングをつかんだところでアタックに出る予定だった。


予選に入る前に予定していた計算に無理があったのか。
「それを問題なくやれるとプランしたところに問題があった、とういことかもしれません。
チームが作ったその流れに合わせて準備をして、最後のアタックに出ようとしたけれど、ピットアウトをする時に、時間がタイトだと思いました。
結局足らなかったのは5秒くらいだったんですが、ちょっとタイトすぎた。
本当は30秒くらいの余裕が必要だと思います。そこは今後の課題ですね」


他はすべてプラン通りに進んでいた。
「最初のアタックは2番目にコースインして、2周ずつアタックして、そこでトラフィックに捕まってタイムが出なかったのは残念だったけれど、最終アタックでカバーできると思っていたし、その時間はあるはずだったけれどダメでしたね。
木曜日に、燃料を積んでいても17秒4で走れているし、最終アタックしていれば、Q2にいけていたと思います。
計算が合わなかったのか、チームで今探っていますが、計算が合わなくて時間切れになって、最後タイムアタックでできなかったのは、凄く残念です」


モナコの予選が重要なことは、2日前に琢磨自信が口にしていたことだ。
琢磨は「残念としか言いようがない」と肩を落とした。


「木曜日の走行しかドライのデータはないけれど、クルマの仕上がりとしては、Q2には確実にいけていたレベル。明日のレースは、天候次第ですね。
ここからだと厳しいレースになってしまうと思います。
完全にドライだと出来ることは限られますが、このグリッドポジション(21番手)から、少しでも順位を上げていきたいです。
雨がらみになれば少しチャンスも出てくると思うので、出来る限りのことをしていきたいと思います」


予選を終えて1時間も経過していない琢磨は、怒っていますか?と言う言葉を否定せずに、「予選を終わった瞬間は、凄く怒ってました」と答えた。
「チームは、申し訳ない、としか言いようがなかったけれど、今は、なんでそうなったか、大事なのは、ゴメンナサイ、と言わせることではなくて、原因を突き止めて次に起こさないことなので」


後方からのスタートとなると、木曜日の段階で、「有利にならないのでほとんど考えないと思う」と言っていたワンストップも視野に入れた作戦の組み立てが必要かもしれない。


「いま一生懸命計算しています。これから、ミーティングして決めますが、デグレデーションの問題もあるし、非常に難しいですね」


琢磨は、木曜日のフリー走行初日の笑顔とは打って変わった沈んだ表情で席を立った。


怒っていても今の琢磨はとても冷静です、雨が少しでも降ればチャンスが・・・


 

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

SAF1予選後プレスリリース

2007/05/27(日) 13:05:57

070525-5.jpg

今何位? 30位くらい?ブログランキング

佐藤琢磨
シャシー:SA07-04
グリッド順位:21位
ラップタイム:1:18,554


アンソニー・デビッドソン
シャシー:SA07-03
グリッド順位:17位
ラップタイム:1:18,250


スーパーアグリF1チームは、モナコで厳しい土曜日を過ごした。
午前中の雨のため、3回目のフリー走行が難しいものになり、予選セッションはチームの予定通りには進まなかった。



『SAF1予選後プレスリリース』の続きを読む…
SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

SAF1予選『Q1』で脱落

2007/05/26(土) 22:49:00

070524-7.jpg

今何位? 28位くらい?ブログランキング

モナコGP公式予選、雨も止みドライ・コンディションで開始。
狭い市街地コースでの15分という短すぎる時間のセッション、各車渋滞に苦しみながらのアタック。


佐藤琢磨は最後のアタックが間に合わないというミス!
チェッカーフラッグに掛かってしまい、ここで脱落。
デビッドソンも17番手と惜しくも脱落。


トップタイムを記録したのはマクラーレンのハミルトン
2番手にもチームメイトのアロンソが続いた。
3番手ライコネン、4番手にはトロ・ロッソのリウッツィが飛び込んだ。
以下、フェラーリのマッサ、ウィリアムズのロズベルグ、レッドブルのクルサードの順。
これにホンダのバリチェッロとバトンが続いた。
トヨタはトゥルーリが13番手もラルフのほうは20番手。


ここで脱落したのはスーパー・アグリのデビッドソン、トロ・ロッソのスピード、スパイカーのスーティル、トヨタのラルフ、スーパー・アグリの佐藤琢磨、そしてスパイカーのアルバースの6人となった。


 

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

モナコGP予選Q3結果

2007/05/26(土) 22:11:14

20070526220929.jpg

今何位? 33位くらい?ブログランキング

マッサ(フェラーリ)届かず!アロンソ(マクラーレン)の2年連続ポールで予選は終了!
いつもよりは見応えがありました。
各車、クリアラップを取りたい為、早めのピットイン。
マッサはもう一度ピットインでもよかったのでは??
もったいない・・・
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

モナコGP予選Q2結果

2007/05/26(土) 21:48:23

Q2.jpg

今何位? 33位くらい?ブログランキング

驚きました、去年の予選を見ているようでした。
フェラーリのキミ・ライコネンがミハエルと同じ場所でマシンを停止。
後続のマッサとあわや接触!


ライコネンはプールシケインでの側壁への接触がありフロントサスペンションを破損!


 

未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

モナコGP予選Q1結果

2007/05/26(土) 21:21:39

WS000014.jpg

今何位?
33位くらい?ブログランキング
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

モナコGPフリー走行3回目

2007/05/26(土) 19:14:19

WS000013.jpg

今何位? 33位くらい?ブログランキング

今日は雨!
そして、驚きのスーティル(スパイカー)のトップタイム!
明日は晴れの予想なので、各チーム、本戦(決勝)に向けたセッティングを見つける為のフリー走行に徹した模様。
さぁ、2時間後に予選が始まります。
ハミルトンのポールなるか?アロンソがチャンピオンの意地を見せるのか?
シーズン中、最も難しいサーキット、今年の覇者は?


 

未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

SAF1琢磨、初日インタビュー

2007/05/25(金) 22:28:14

070525-3.jpg

今何位? 33位くらい?ブログランキング

昨日の会見で、琢磨は「早く走りたい」、と言っていた。
しかし、午前中の走行が始まってみると、少し様子が違うことに気がついた。


「午後は良くなったけれど、午前中は、考えていた状況とタイヤの表情の表れ方が全然違ったのでビックリしました。ポールリカールでも、少なくともボクが乗った日には出なかった」


スーパーソフトと言っても、去年のタイヤに比べれば固い。
「それに、ボクたちにとっては未知数のタイヤだったので、路面が出来上がってくると、グリップレベルが上がるだけではなくてバランスに影響することを再確認しました」。


しかしチームは、その“違い”を「モナコのようなストレート・サーキット特有のコースコンディションがどんどんよくなる変化に先手を打てる作業をして」、午後のフリー走行までの間に修正。「午後はそれに合わせるクルマつくりができた」と分析した。


 



『SAF1琢磨、初日インタビュー』の続きを読む…
SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:1コメント数:0

SAF1プレスリリース

2007/05/25(金) 09:47:02

070524-1.jpg

今何位? 33位くらい?ブログランキング

佐藤琢磨 カーナンバー22(SA07-04)
フリー走行1回目 14位 最速ラップタイム:1分19秒203
フリー走行2回目 13位 最速ラップタイム:1分17秒459


アンソニー・デビッドソン カーナンバー23(SA07-03)
フリー走行1回目 18位 最速ラップタイム:1分19秒337
フリー走行2回目 19位 最速ラップタイム:1分18秒328


T-Car SA07-02


天気:晴天 (湿度33.7-50.8%)
気温:最低29.1℃ 最高32.3℃
コース路面温度:最低29.3℃ 最高54.3℃


今日、SUPER AGURI F1 TEAMはモナコGPで勇気づけられるスタートを切った。
モナコの晴れ渡った青空の下で行われた午前中のセッションでは、佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンがSA07でのセッティングに取り組み、かなりの成果を上げることができた。
午後になるとアンソニーのセッションは中断される結果となったが、琢磨がロングランを行い、貴重なデータを収集することができた。


佐藤琢磨
「いいテスト日になったと思う。いつものモナコの木曜日だった。
午前から午後にかけて、コースコンディションが急激に変化した。
午前中のセッションのタイヤのパフォーマンスが予想とは異なっていたので、午後のために変更を加えた。
午後になると路面にゴムが付き、コースの状態がよくなったので、マシンの感触も大きく異なった。
今週末、マシンがどんな走りを見せるか、かなり理解はできたと思うが、雨が降る可能性もあるので様子を見なければならない。
マシンは高い信頼性を発揮し、多くの周回数をこなすことができたし、ロングランも行うこともできた。
明日はデータを検討して、土曜日のセッションでは力強い走りを見せたいと思う」


アンソニー・デビッドソン
「ターン1で接触して終わってしまったので、フラストレーションが溜まる1日だった。
それまでは本当に勢いに乗っていた。自信を持って運転することができたし、1周ごとにスピードも上がって、ロングランをスタートさせるところだった。
でも、すでにマシンのいいバランスを見つけることができていたので、今週末は自信があるよ」


グラハム・テーラー スポーティングディレクター
「例年、モナコの木曜日は厳しい。午前中は特にサーキットが汚れていた。このようなコンディションではマシンのいいバランスを見つけるのが難しいが、午後にはいくらかの進歩があった。
アンソニーがターン1でコースアウトしてしまったのはもちろん残念だったが、いいデータを集めることができた。
琢磨はいいロングランを行うことができたので、金曜日にデータを分析して、土曜日の開発プランを検討したい」


Circuit de Monaco, Monte Carlo
2007/05/24


 

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

モナコGPフリー走行2回目

2007/05/24(木) 22:44:40

20070524223856.jpg

今何位? 33位くらい?ブログランキング

アロンソ初日のトップタイム。
最高速はハミルトンの286km.。
琢磨は一時7位まで上がる良い走りだったようです、相方のデビッドソンは25周を消化した段階でコースアウトした模様。


明日は休息日、あちこちでスポンサー主催のパーティーが行われます。
その模様の写真はUPしますね。


 

未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

モナコGPフリー走行1回目

2007/05/24(木) 18:42:12

20070524184056.jpg

今何位? 33位くらい?ブログランキング

始まりました。
気温31℃、トラック温度43度。晴天。


参考にならない1回目のタイム、しかしSAF1のタイムが気になる。

未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:1

SAF1公式サイト、リニューアル

2007/05/23(水) 22:39:35

WS000012.jpg

今何位? 33位くらい?ブログランキング

本日、SAF1サイトがリニューアルされ、UPされてました。
軽やかな色合いで、爽やか。


アグリ場』なる代表本人によるリアルタイムブログもお目見え、ショップまでありました。
これは楽しみです。


近いうちにSAF1によるSNSもスタートする模様、我々ブログ運営者は邪魔者になってしまうのか?


 

SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

モナコGP、木村拓哉がゲスト

2007/05/22(火) 11:40:13


今何位? 38位くらい?ブログランキング

フランスで行われているカンヌ国際映画祭に出席しているSMAPメンバー木村拓哉がそのままモナコに移動、フジTV地上波のスペシャルゲストで出演(レポーター?)することが決まった。


木村拓哉香取慎吾と2人でカンヌ入り、それぞれの主演作の大掛かりなプロモーション活動を行った『HIRO』はクランクインしたばかりで宣伝素材がないはず、と思ってたら裏にフジTVがいたんですね。
モナコGPのゲストの伏線だったんですね。
木村拓哉は2005年マレーシアGPでもドラマ撮影(エンジン)でF1現場を訪れており、久しぶりにレース現場に顔を出すことになる。


フジTV地上波もあの手この手で女性層のF1ファンを増やそうと必死です。
それと、2人はUEFAチャンピオンズリーグ決勝の『ACミラン×リヴァプール』戦も観戦するそうです。
芸能人っていいねぇ~(;¬д¬)


 


 

F1ニュース記事全文トラックバック数:0コメント数:2

F1第5戦モナコGP

2007/05/22(火) 10:13:44

20070522095936.gif

今何位? 38位くらい?ブログランキング

さぁ、F1最大のお祭りが始まります。モナコですよ~。
ヨーロッパ中のセレブが集まるモナコGP。
いつもは静かなモナコからは、この時期老夫婦は静かなリゾートに避難し、若者でごった返す。
この時期、物価が通常の10倍に跳ね上がり、コース脇のホテルは1週間単位で100万円以上のプライスがつけられ、カジノではディーラーとの攻防が繰り広げられ、ホテル前のパーキングにはこれでもかと言うほどフェラーリとランボルギーニが鎮座する。
そしてモナコのヨットハーバー、豪華ヨットが停泊し、船上ではシャンパンパーティーが行われ、レース関係者のヨット上では、世界各地から有名ドライバーがこぞって来シーズンの可能性を打診しに来る。


そんなモナコを正気に戻すEXノートが響くのは5月24日(木)のフリープラクティス
この日、モナコの公道は早朝からクローズドされ、F1の第1回フリー走行が10時から開始される。
ちなみに、フリー走行2回目は14時から始まり、5月25日(金)は、レースイベントが一切ない休息日となる。
モナコの公道はバンピーでツイスティ、そのうえタイト。
マシンが振られる可能性は常につきまとう。
さらに高いガードレールがブラインドコーナーを各所で作り上げ、エスケープゾーンは全くなしとくる。多重クラッシュは即赤旗となるのは必至のコースコンディション。
各チームともサスセッティングは柔らかめ、BSは初めてスーパーソフトタイヤを供給。
最高速はトンネルのエイペックスが最もスピードが出るが、それでも280km/h内外と伸びず、平均速度も全GP中最も低いため、F1GP最大のダウンフォースが得られるようにセットアップ。
パッシングポイントは皆無といったほうがよく、予選結果が大きなインパクトを持つ。
ノックアウト方式の予選は、第1セッションで22台が15分のうちにひしめき合ってタイムアタックに入る。
誰かがクラッシュすればイエローはおろかレッドフラッグの可能性が高く、再開されてもまたクラッシュの危険性をはらみ、さらにクリアラップがとれないなど、大波乱が起きる可能性がある。
何が起きてもおかしくないタフな公道サーキット
しかし、走行距離が短いことから、トップ10に入れなかったマシンは、1ストップで上位を狙うというのが常道手段。
また、リタイヤが多いのもこのGPの特徴。
クラッシュせずに、トラブルを起こさずに走り続ければ、上位入賞の可能性もあるサーキットだ。


2006年成績
表彰台
1 アロンソ   ルノー 
2 モントーヤ マクラーレンメルセデス 
3 クルサード レッドブル 
ポールポジション
アロンソ(ルノー) 1分13秒962 
ファーステストラップ
M・シューマッハ(フェラーリ) 1分15秒143(74laps)



ピットストップの目安
1ストップ:44~51周
2ストップ:25~32周、48~55周
3ストップ:18~24周、34~40周、52~58周


 

未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ポールリカールテスト最終日

2007/05/19(土) 21:02:17

070518-2.jpg

今何位? 5位獲得!ブログランキング

テスト最終日はジェイムズ・ロシターが担当。
4日間のテストが終了した。


チームはカナダGPに向けた空力テストを終了することができた。
ブリヂストンタイヤは今日も調子がよく、今後2戦の準備のためにさらに詳細な情報が集められた。


佐藤琢磨:2日目担当
「天気は非常によく晴れていたのですが、午前のテスト開始後すぐに強風が吹いたり、エンジントラブルもおきてテストは予想したほどスムーズには進みませんでした。
しかし昼前までには作業が追いつき、予定したプログラムを終了することができました。
午後の結果は有望でした。
モナコ用のハイ・ダウンフォース空力パッケージと、非常に重要な2種類のブリヂストンタイヤを評価しました。
ロングランでは多くの貴重なデータを集め、最終的には2日目のテストは無事に終わりました」


ジェイムズ・ロシター:1、3、4日目担当
「この2日間はポール・リカールのモントリオール設定を使用しました。
モントリオール仕様の空力パッケージのダウンフォース・レベルと2種類のタイヤ・オプションを評価しました。
よいバランスを見つけることができ、僕らのパフォーマンスを助けるかもしれない興味深いポイントを発見しました。
スーパーアグリF1チームと素晴らしい最初の1週間を過ごすことができました。
来週チームと一緒にモナコに行くのが楽しみです」


グラハム・テイラー スポーティング・ディレクター
「長く疲れる1週間頑張ってくれたチームに感謝したい。
今後のレースのパフォーマンスに役立つはずのかなりの情報が集まった。
SA07は高い信頼性を示し、ジェイムズとタクは多くの周回を重ねることで得るものがあった」


ドライバー:ジェイムズ・ロシター
シャシー:SA07-05
周回数:132周
最速ラップタイム:1分29秒869


Paul Ricard, France
18 May 2007


 

F1テスト記事全文トラックバック数:0コメント数:0

マシンの信頼性ランキング

2007/05/18(金) 23:05:58

0516-7.jpg
優秀さが証明されたSAF1スタッフ

今何位? 6位くらい?ブログランキング

マクラーレンチームはコンストラクターズとドライバーの両ワールドチャンピオンシップで現在先頭に立っている。
しかも、彼らはマシンの信頼性レースでも先頭を走っている。


マクラーレンは4戦を終えた現時点で、周回数472を全て完走した唯一のチーム。
第2位はルノーで、470周を完走。
3番目に信頼性が高いチームは、意外なことに、グリッドで最も若いチーム・・・

そう、SUPERAGURIチームなのだ!
これは他のトップチームより優れた仕事をした証拠である、しかも所帯160人でこれを達成したのである。
4位がBMW、5位にフェラーリが入る。


 

F1ニュース記事全文トラックバック数:0コメント数:2

ポールリカールテスト3日目

2007/05/18(金) 21:23:05

070516-4.jpg

今何位? 13位くらい?ブログランキング

ドライバー: ジェームズ・ロシター
シャシー: SA07-05
走行周回数: 114周
最速ラップタイム:1分30秒386(13人中11位)
天気:曇りのち雨 気温:14-18℃ コース路面温度:16-24℃



今日は、新しいテストドライバーのジェームズ・ロシターがSUPER AGURI F1 TEAMで2度目となるテスト走行を行った。


チームはカナダGPに備えて予定していたテストプログラムに取り組んだ。
モントリオールを模したコースで行われた今日のテスト走行では、チームはカナダGP用の空力パッケージの評価を行った。
午後は雨が降り、走行時間が短縮されたものの、チームは今日の成果に満足している。


Paul Ricard, France
17 May 2007


 

F1テスト記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ポールリカールテスト、琢磨登場!

2007/05/17(木) 15:27:37

070517-3.jpg

今何位? 10位くらい?ブログランキング

昨日、新任テストドライバー、ジェームス・ロシターから『SA07-05』号車のステアリングを引き継いだスーパー・アグリの佐藤琢磨は、第2日目となる同チームのポールリカール・テストを担当した。


ドライバー: 佐藤琢磨
シャシー: SA07-05
走行周回数: 115周
最速ラップタイム:1分06秒281(11台中5位)
天気:強風 気温:13-18℃ コース路面温度:20-30℃

次戦モナコGPを想定したエアロダイナミックス、そしてブリヂストンのタイヤ、2スペックをそれぞれシミュレーション。
トータル115ラップを周回、ベストタイムは前日のロシターのものを1.745秒短縮し、1'06.281を記録。


この日走行した12台中5番手タイムだった。
第3日目はコース設定がその次のカナダGPを想定したものに変更される予定で、ドライバーはロシターが再び担当する。


 

F1テスト記事全文トラックバック数:1コメント数:0

SAF1ポールリカールテスト

2007/05/16(水) 22:41:28

0516-2.jpg


今何位? 6位くらい?ブログランキング

新加入のジェームズ・ロシターが本日のテストを担当し、SA07を初めてドライブした。
チームはモナコGP向けのバランスを検討し、午後にはロングランを行って次戦で使用するブリヂストン・ポテンザタイヤのソフト・コンパウンドのデータを収集した。


明日はエース佐藤がテストを担当する予定。


ジェームズ・ロシター
「SUPERAGURIF1チームに加わって、素晴らしい初日を過ごしました。
昨年9月以来初めてドライブしていい気分でした。
すごく楽しかったです! チームとマシンにもすぐになじみ、午前中はマシンのバランスを検討したり、モナコ用のウィングで走りました」


「午後はロングランをして、次戦のためのタイヤ・オプションを評価しましたが、信頼性は高かったです。
チームはとてもプロ意識が高く、気持ちよく仕事ができました。
全体的に、僕にとってはとてもよい初日でしたね」


ドライバー・ジェームズ・ロシター
シャシー:SA07-05
周回数:128周
最速ラップタイム:1分08秒026



SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:1コメント数:0

J・シェクターの農園、HONDAが買い取る

2007/05/16(水) 21:10:42

20070516210807.jpg
76年日本GP ジョディー・シェクター

今何位? 6位くらい?ブログランキング

元F1ワールドチャンピオンのJ・シェクターがレイバーストーク公園に所有する農園をHONDAに売却。
ここで栽培されたフルーツや野菜がピットでの食材として供給される。


将来的にはこの農園での植物燃料(バイオ燃料)の製造も視野に入れているようだ。


また、J・シェクターはこれを機会に苦戦に悩むHONDAに特別協力をすることが決まった。
といっても今回の協力はチーム加入するわけでは無いらしい。


J・シェクター・・・ 懐かしい名前・・・
arizouがF1を見始めた頃の『たいれる6輪』に乗っていた偉大なドライバーです。

HONDA記事全文トラックバック数:0コメント数:0

喜びのSUPERAGURIスタッフ

2007/05/16(水) 17:50:09

070516-1.jpg 070516-2.jpg 

070516-3.jpg 070516-4.jpg 

070516-5.jpg 070516-6.jpg

070516-7.jpg 070516-8.jpg 070516-9.jpg 070516-10.jpg 070516-11.jpg

 070516-12.jpg 070516-13.jpg 070516-14.jpg

070516-15.jpg 070516-16.jpg 

070516-17.jpg 070516-18.jpg 

070516-19.jpg 070516-20.jpg 

070516-21.jpg

070516-22.jpg 070516-23.jpg








SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:0

スペインGPのMVPは浜ちゃんか?

2007/05/15(火) 19:36:20

070514-8.jpg

今何位? 33位くらい?ブログランキング

ダウンタウンの浜ちゃんこと浜田雅功がバルセロナのSUPERAGURIのピットを表敬訪問していた。
浜ちゃんはお土産に、成田山の特製お守りと、ラジコンカーを鈴木亜久里代表にプレゼント。


昨年ハンガリーGPに初めてF1サーキットに訪れた浜ちゃん、この時HONDAのバトンが初優勝。
今回で2回目の訪問の浜ちゃん、何かが起きる予感がしてました、そして・・・


SAF1の初ポイントゲット!!
浜田雅功こそスペインGPのMVPです。浜ちゃんに感謝!


亜久里代表はエンジンカウルのHONDAのロゴの下に、同じ書体のHAMADAのステッカーと、ノーズコーンに「ジャンクスポーツ」のロゴを貼る特別許可を提供した。



hamacyan-1.jpg

うける・・・



SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:3コメント数:0

レース後の琢磨インタビュー

2007/05/14(月) 22:42:29

070514-4.jpg

今何位? 33位くらい?ブログランキング

百点満点のレースだった。
土曜日までの流れは、上手く歯車がかみ合っていなかったが、「レースペースは、いい感触を期待したい」と言っていた通りの展開。


開幕戦と第2戦で出たチームのミスもなく、第3戦で見舞われたエンジントラブルもなかった。
もちろん、琢磨自信も、ミスのない完璧なレース。
相手が昨年のチャンピオンだったルノーであることを考えれば、想像できない大躍進。


パルクフェルメから最も遠いモーターホームに戻った琢磨は、チームスタッフが勢ぞろいで待ち受けるのを見つけると、テレビカメラを振り切って駆け出し、スタッフの胸に飛び込んだ。


チームにとって初ポイント。
まだまだシーズンは始まったばかりだが、シリーズ10位になれば、機材運搬も無料になる上、スタッフの航空チケットも支給される。
弱肉強食のF1で、SUPERAGURIF1は一人前になる階段を一歩上がった。
 



『レース後の琢磨インタビュー』の続きを読む…
SUPERAGURIF1記事全文トラックバック数:0コメント数:2
ホーム全記事一覧次のページ >>

SAVE JAPAN

SAF1ファンサイト


佐藤琢磨Fan's Blog

あぐりねっと

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR









セシール - おウチであったか特集





最近の記事

RSSフィード

Copyright(C) 2006 SUPERAGURI F1を応援するブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。